資料請求

オープンキャンパス

7月16日のオープンキャンパス体験授業は?

体験授業A 地域の健康を考える管理栄養士 ~将来の骨貯金を考えよう~

 毎年、厚生労働省は、国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにすることを目的に「国民健康・栄養調査」を実施します。この調査結果から見えてくる若い女性の健康問題はいったい何でしょう?
 女性の骨量は10代後半から20代前半でピークに達します。しかし、骨をつくるのに必要なカルシウムの一人1日当たりの摂取量は、20代の女性が一番低い状況にあります。
 体験授業では、この調査の統計結果から見えてくる健康問題を考え、カルシウム摂取の必要性や骨粗しょう症について学びます。
 そして、実際に皆さんの踵骨(しょうこつ:かかとの骨)の骨年齢をチェックして、骨の骨量がどうなのか確認してみましょう。

体験授業B ビタミン、見たことありますか?

 皆さんは「ビタミン」と言われる物質が何種類あるか知っていますか?最近はサプリメントなどによりビタミンを手軽にとることができますが、いったい体内ではどのような作用をしているのか知っていますか?お店に売られているドリンク剤はどうして褐色の瓶に入っているか知っていますか?そして、そもそもビタミンを実際に見たことはありますか?
 今回は水溶性ビタミンを中心に、ビタミンの性質について紹介します。皆さんには、強化米からビタミンを抽出してもらいますので、それをもとにビタミンを自分の目で確かめてみましょう。ビタミンに対する認識が大きく変わるかもしれませんよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験授業後には、各地方や出身県ごとに分かれて、地元の先輩の話を聞くことができますよ。

今回も、健康栄養学科4年生が手作りのお弁当を作ります。 楽しみにしていてくださいね。

7月1日のオープンキャンパス体験授業は?

体験授業A「人の健康を応援する管理栄養士へ 〜ヒトの感覚の不思議さを感じよう~」

ヒトの健康を食事で推進する上で、ヒトの体の仕組みを理解する必要があります。人の体の健康を維持する上で、脳の情報処理能力は重要です。脳が情報処理をしている方法がわかると、情報処理の特徴を利用することが可能になります。体験授業では、自分自身の感覚(視覚)について、観察実験を通して、脳が情報処理している事実を実感してもらいます。

体験授業B「栄養教諭について知ろう」

栄養教諭の資格取得について学びます。
栄養教諭は学校給食の管理と子どもたちへの食育の二つの大きな仕事があります。子どもたちへの食育は、成長期の子どもが健やかに生きていくための基礎を培うことが目的です。栄養教諭はその中心的な役割を果たします。この二つの仕事内容について詳しく学びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験授業後には、各地方や出身県ごとに分かれて、地元の先輩の話を聞くことができますよ。

今回も、健康栄養学科4年生が手作りのお弁当を作ります。 楽しみにしていてくださいね。

6月17日(日)オープンキャンパス体験授業では・・・

体験授業A「炭水化物を食べると太る?」

女子は誰もが"キレイ"でいたいと思うもの。みなさんも一度はダイエットを経験してるのでは?
おいしいものを食べたい...!
ケーキを前にして食べたい私と食べちゃいけない私、両方いませんか?
"キレイ"は努力のたまものです。
いくつになってもダイエットの話題はつきません。
しかし私たちの命に欠かせない「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」。
今まではエネルギー産生量が多い「脂質」がダイエットの敵だと言われてきました。
近年「炭水化物」が注目を浴びています。「低糖質」とか「RS」という言葉を耳にしたことはありませんか?
でも、「炭水化物」も「たんぱく質」も「脂質」も必要なんですよね?
じゃあどうすればいいのでしょう? 
「太る」ってどういうこと?
「太る」メカニズムを学び、「太らない」ために選ぶと良いメニューをみんなで考えてみましょう!
藤田研OC.png

体験授業B「 統計からみた健康問題 ~貧血は大丈夫~

 毎年、厚生労働省は、国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにすることを目的に「国民健康・栄養調査」を実施します。この調査結果から見えてくる若い女性の健康問題はいったい何でしょう?
 体験授業では、この調査の統計結果から見えてくる健康問題を考え、女性に多い鉄欠乏性貧血について学びます。そして、実際に皆さんのヘモグロビン推定値を測定してみましょう。
 あなたは大丈夫でしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験授業後には、各地方や出身県ごとに分かれて、地元の先輩の話を聞くことができますよ。
もしかしたら、同じ高校の先輩もいるかもしれませんね。

また、
今回も、健康栄養学科4年生が手作りのお弁当を作ります。
楽しみにしていてくださいね。

5月20日(日)のオープンキャンパスは?

9時30分頃~11時

個別の学科説明を学科教員からいたします。

また、ミニイベントを体験いただくこともできます。
ミニイベントのテーマ「炭酸ジュースを作ってみよう」
しゅわしゅわっとした炭酸はどのようにできているのでしょうか?身近な調味料を利用して、炭酸を作ってみましょう。


11時~12時30分頃

体験授業テーマあなたの手洗いを診断する -手洗いは簡単そうで難しい-」 

食品の衛生確保の基本は手洗いです。調理や食事の前に手を洗いましょうとよく言われます。
では、どのように手を洗えばよいのでしょうか。ただ水で洗い流せばよいのでしょうか。
特殊なクリームを手に付け、参加者の皆さんに実際に手を洗ってもらいます。クリームが手に残っていたら、きれいに手を洗えていないということになります。あなたの手洗いを診断しましょう。


手洗い診断

特殊なクリームを手に塗ってから手洗いをします。手洗い後、ブラックライトをあてクリームの残存状況を調べます。


また、健康栄養学科ではさまざまな資格が目指せますが、
今回は特に
「食品衛生監視員」、「食品衛生管理者」、「製菓衛生師(ダブルスクール)」 について
体験授業時に説明いたします。※もちろん、その他の資格についても個別にご質問ください。


12時30分頃~

健康栄養学科4年生が作ったお弁当を食べていただくことができます。
今回は、昨年度の高校生朝ごはんコンテスト入賞作品をアレンジしたレシピで
カルシウムがたっぷりのお弁当をご用意する予定です。お楽しみに・・・


13時頃~

個別の学科や入試などのご相談をさらにご希望の方にいたします。

4月29日(日)オープンキャンパスは?

体験授業のテーマ は、『 食品のおいしさにも影響?食品中の酵素のはたらき 』 です。

みなさんは「酵素」を知っていますか?酵素は生物の体の中で働く物質です。
私たちの体の中にも存在し、体に必要な物質をつくったり、分解したり、食べたものの消化・吸収を助けたりしています。

また、酵素はいろいろな食品にも含まれ、おいしさや調理に影響を与えています。
食品会社や調理が必要な職場で働く管理栄養士は、このような食品学や調理学を理解しておくことが大切です。

この体験授業では、管理栄養士課程で学ぶ食品学実験に関する内容が体験できます。

すりおろしたりんごにいろいろな処理を行って、色の変化を観察します。
この変化には酵素の働きが大きく関わっています。
どうなるかは、当日のお楽しみです。

 

また、『げんこつ飴を作ろう!』というテーマで、ミニイベントも開催します。

砂糖などの甘味料は料理やお菓子作りに欠かせない調味料です。
甘味料の1つである水飴の特徴を利用して、げんこつ飴を作ります。
管理栄養士課程で学ぶ調理学実習に関する内容が体験できます。

げんこつ飴は、水飴ときな粉からできたお菓子です。
普段、皆さんがよく口にしている飴は固い飴がほとんどですが、イベントで作るげんこつ飴は、やわらかい飴です。
げんこつ飴づくりを通して、水飴の調理への応用を学びます。

 

オープンキャンパスでは、体験授業やミニイベント、進路相談などを通して先生や大学生と交流することができます。
オープンキャンパスにぜひ参加して、大学の雰囲気を感じてみて下さい!
みなさんのお越しお待ちしております!

オープンキャンパス詳細はこちら