文化創造学部 文化創造学科

21世紀は文化と教育の時代と言われています。国の文化、地域の文化、家庭の文化がそれぞれに成熟し、世界に羽ばたく時代がきたのです。このような状況にあって、一人ひとりへの教育活動を土台としながら、国、地域、家庭のおのおのが文化創造に取り組むことは「文化と教育の時代」相応しい基本的な構えでもあります。photo02.jpg

文化創造学部では、上記の構えを初等教育学専攻と文化創造学専攻の2専攻に分け、前者は一人ひとりの子どもに日本の文化の基礎である教育内容を施し、後者は 書道・国語専修、観光専修、アーカイブ専修の3分野から多様な文化創造活動を専門的かつ即戦的な力を持つ人づくり、また、地域にあたっては地域社会の1人として文化の伝承と創造に取り組む人づくりをめざしています。

文化創造学部
文化創造学科
初等教育学専攻 子ども発達専修 保育士・幼稚園教員コース
女性活躍支援教職コース
学校教育専修 小学校教員コース
教育文化コース(中・高等学校教員コース)
文化創造学専攻 書道・国語専修 書道教育コース
国語教育コース
観光専修 観光ビジネスコース
ホテルマネージメントコース
英語教育コース
アーカイブ専修 デジタルアーキビストコース
図書館司書コース
博物館学芸員コース

三つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
文化創造学部は、建学の精神に基づき、広く豊かな教養と初等教育・文化事業に関する高い専門知識や技能を身につけ、主体性を持って地域社会で活動できる人材を養成するため、以下の三つを教育目標とする。この教育目標を踏まえて編成した教育課程を修め、卒業要件を満たした者を学位授与の適格者とする。
 1 「女子ならでは」の深い教養を育み、生涯にわたって学び続ける力、主体性を持って地域社会で活動で
   きる力を身に付ける。
 2 初等教育・文化に関する高い専門的知識と技能を修得し、社会的に認められる資格を取得できる力を身
   に付ける。
 3 相手の立場を思いやる心、たゆまず努力する姿勢、多様な価値観を認める寛容な精神など、地域社会で
   幅広く活躍できる人間力を身に付ける。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
文化創造学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を達成するため、教養教育科目、学部共通科目、専門科目、関連する選択科目や実践的教育を体系的に編成して開講する。
 1 教育課程の編成
  (1) 教養教育では、全学共通で自己確立(自己探求、自己表現、自己創造)を目指す基礎教育に注力し、
    地域社会のグローバル化に応じた情報学、外国語学と教養選択科目を配置する。
  (2) 専門教育では、学部での専門的な学修の基礎となる共通科目と各専攻が定める主要科目と関連科目
    を、学修内容・学修目標を明確にして配置する。
  (3) 演習科目、学外実習科目等を配置し、学生の実践力の育成を図る。
  (4) 論理的な思考力と実践力を身に付けるため、卒業研究と卒業論文の作成を必修とする。
 2 教育内容・方法
  (1) 文化創造学部では、文化創造学と初等教育学を修得する。
  (2) 各専攻で、学士力育成のためのカリキュラムマップ、専門基礎テキスト、資格取得ガイドブック等の
    教材や資料を提供し、学生の主体的な学修を支援する。
  (3) ラーニング・コモンズ等の学修環境を整備し、課題の発見・解決に向けた主体的・対話的での深い学
    びを支援する。
  (4) 各学年にアドバイザー教員を配置し、学生の学修・生活等についてきめ細かな相談や助言を行う。
 3 学修成果の評価
  (1) 学生の学修成果は、レポート、テスト、実技、行動力、出席率などで評価し、単位認定の適否を判断
    する。
  (2) 2年終了時には、進級に必要な科目の単位修得と卒業研究等の履修に必要な基礎学力の修得ができて
    いるかを評価し、進級の適否を判断する。
  (3) 卒業研究の評価は論文発表と口頭発表で行い、その結果と全履修科目の学修成果を総合して、卒業の
    適否を判断する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)
文化創造学部は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、次のような女学生の入学を期待する。
 1 大学での学修に必要な基礎学力を有している人。
 2 知的好奇心にあふれ、向学心のある人。
 3 他者の考えを理解し、自分で考えて判断し、自己の意見を表現できる社会的能力を磨きたい人。
 4 卒業後は、地域社会での活躍を目指す人。

初等教育学専攻

 子ども発達専修

 乳児から小学生までを対象とする保育の知識と技術を身につけ、子どもの発達に深い理解をもった保育者をめざします。保育士、幼稚園教員、小学校教員、学校図書館司書教諭などの教員免許が取得できます。

 学べるコースは? 保育士・幼稚園教員コース / 女性活躍支援教職コース

 学校教育専修

 幼稚園から高校生までを対象とする教育の理論を身につけ、豊かな人間性と実践力を備えた教員をめざします。幼稚園教員、小学校教員、中学・高等学校教員の教員免許が取得できます。

 学べるコースは? 小学校教員コース / 教育文化コース (中・高等学校教員コース)

文化創造学専攻

 書道・国語専修

 書道の歴史や書体、表現方法と、日本語の文学や文化、表現方法について学び、教育者として指導できる知識や技術を身につけます。書道の高等学校教員、国語の中学・高等学校教員、日本語教員などがめざせます。

 学べるコースは? 書道教育コース / 国語教育コース

 観光専修

 各地域の観光資源・歴史・民俗に関する知識や、旅行業に欠かせない英語力を身につけて、観光・旅行・ホテルの分野で活躍できる人材を育てます。旅行業務取扱管理者(国内・総合)、さらに英語の中学・高等学校教員などの資格取得をめざします。

 学べるコースは? 観光ビジネスコース / ホテルマネージメントコース / 英語教育コース

 アーカイブ専修

 文化、メディア、情報に関する学びを通して、文化情報の収集や管理、保護、活用ができる人材を育てます。デジタル・アーキビスト、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員などの資格が取得できます。

 学べるコースは? デジタルアーキビストコース / 図書館司書コース / 博物学芸員コース

主専門・副専門制度

  文化創造学部では、5専修のうち1専修を「主専門」に選んだ後、興味深い科目がある他専修を「副専門」として組み合わせて学べます。副専門の科目は主専門 と並行して自由に履修可能。学びが楽しくなることはもちろん、主専門とは別に自分らしい強みや資格を得ることで付加価値が生まれ、就職の幅が広がります。

主専門副専門予想される卒業後の職業分野と
各専修での学習内容
将来の仕事
子ども発達専修 観光専修
英語のできる幼稚園の先生。
  • 子ども発達専修で幼稚園教諭の免許を取得。幼児・児童の言語表現・数概念などについて学びます。
  • 観光専修で英語の中学校教諭の免許を取得し、実用的な英語運用能力、コミュニケーション能力を身につけます。
保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、英語の中学校教諭など
観光専修 アーカイブ専修
地域の情報化と観光地づくりに関係する職業。
  • 日々進化するモバイル情報ツールを活用して、たとえば観光地へ訪れる人が、携帯電話で観光地情報をキャッチし、楽しいたびが実現できるような仕組みを学びます。
  • 観光地に残されている伝統的な祭りや職人の技などを訪れる人に紹介するために、デジタル・ミュージアムを考えます。

航空・運輸関係、レジャーリゾート、アミューズメント産業、出版(観光情報紙)、情報関連産業、市町村役場(観光課)、コンベンションビューロー、観光協会、レクリエーション協会、NPO団体、資料館、博物館・ギャラリーなど
アーカイブ専修 学校教育専修
多様な文化分野におけるメディア教材の開発者。
  • アーカイブ専修で文化情報の管理・創造・流通に関するノウハウを身につけます。 日本文化・文化財についても学びます。
  • 学校教育専修で遠隔教育・教材開発・カリキュラム開発・電子教科書などについて学びます。
デジタル・アーキビスト、デジタルコンテンツクリエーター、学芸員、情報産業、データベース技術者、サーチャー、新聞・出版・広告・印刷、一般企業、国際交流スタッフ、NPO団体、映像産業、博物館、文化財団、地方公共団体職員など
書道・国語専修 観光専修
ホテル業務に書を生かす職業。
  • 書道・国語専修で書表現の技術を身につけ、実用書道・作品制作・水墨画などを学びます。
  • 観光専修で国際的な視野とコミュニケーションスキルを身につけ、観光ビジネスを学びます。
旅行・広告代理店、ホテル・旅館、コンベンション、書道家、筆耕講師、書道塾の先生、広告デザイン、印刷会社、新聞社などのマスコミ関係、書道の高等学校教諭など
英語専修 アーカイブ専修
英語でコンテンツの開発を行いHPの作成をする職業。
  • 英語専修で英語の運用能力を高めると共に、読解力と表現力を養います。
    欧米の文学・映像に表現された文化などを研究します。
  • アーカイブ専修で情報についての知識を深め、e-learningのノウハウを身につけます。
    デジタルアーカイブのコンテンツを研究し、実際に構築する技術を学びます。
デジタルコンテンツクリエーター・学芸員、情報産業、データベース技術者、サーチャー、新聞・出版・広告・印刷、一般企業、国際交流スタッフ、NPO団体、映像産業、博物館、文化財団、地方公共団体職員、英語の中・高等学校教諭など
書道・国語専修 学校教育専修
言語の基礎・基本がわかる小学校の先生。
  • 学校教育専修で小学校教諭・幼稚園教諭の免許を取得し、幼児・児童の言語表現・数概念などについて学びます。
  • 書道・国語専修で中学校・高等学校の国語教諭の免許を取得し、現代日本語から古典・漢文にいたるまで、日本の言語文化を網羅し、言葉を考えるプロを養成します。
小学校教諭、幼稚園教諭、国語の中・高等学校教諭、日本語教員など