資料請求

キャンパスライフ

学生寮 アーカイブ一覧

GWでのお楽しみ会 ~いずみ寮~

54日にお楽しみ会として、寮生みんなでご飯作りとレクリエーションを行いました。ご飯作りでは、枝豆わかめご飯と豚汁と白玉フルーツポンチをみんなで手分けして作りました。1年生の手際がよく、スムーズに作ることができ、味もとても美味しくできました。みんなで協力して作ったご飯はより美味しく感じたと思います。
ご飯を食べた後にはレクリエーションを行いました。チームに分かれてイントロクイズや伝言ゲームなどを楽しみました。特にご当地クイズは様々な都道府県出身の子達がいるため、かなり盛り上がりました。
今年のゴールデンウィークは、大学での新型コロナワクチン職域接種で多くの学生が第3回目を受けました。地元に帰れない子もいたと思いますが、この機会にみんなが寮でのイベントを楽しんでくれたようなので企画してよかったと感じました。

副寮長 健康栄養学科 2年 長澤藍里(静岡出身)

launch1.jpg launch2.jpg

reku2.jpg reku1.jpg

入寮式 ~いずみ寮~

44日にいずみ寮入寮式を行いました。
全国から、南は沖縄女子短期大学卒業生呉屋茜空さんを始め、北は千葉・埼玉県出身の入学生42名が入寮しました。
今年度の寮の目標は、「凡事徹底の精神を忘れず、お互いを思いやり、助け合う寮」です。
よりよい寮を作っていくために、寮にある沢山の規則を全員で確認しました。1年生は不安もある中で、8人という数少ない先輩を頼り、楽しい寮生活を過ごしてほしいと思いました。
入寮式終了後は、各県のお土産を全員で食べるお茶会を行い、交流を深めました。

寮長 前田唯衣(新潟県出身)

nyuryoshiki2021-1.jpg 

nyuryoshiki2021-2.jpg

恒例のクリスマス会 ~いずみ寮~

1212()にいずみ寮クリスマス会を行いました。1部では、書道部、初等教育学専攻、ダンスチーム1年生、後期役員が出演しました。書道パフォーマンスやダンスで盛り上がりました。
2部では、チーム対抗でお絵描き伝言ゲームなど行いました。
くじ引きでチーム分けを行うことで、普段関わることのない人とも仲を深めることが出来たと思います。
食事は手作りのカレーライスと寮で採れたさつまいもでスイートポテト、大学芋を作り提供しました。
今年度は昨年に比べ、寮生の人数が少ないため、寮内の雰囲気が昨年度より静かに感じることもありましたが、当日は寮内に笑顔が溢れて、盛り上がっていました。
クリスマス会終了後には、「楽しかった」や「美味しかった」、「ありがとう」などと言ってくれる寮生が多く、達成感を感じ、みんなにとっても良い思い出になったと思います。
寮長 須田(富山県出身)

クリスマス会でダンスを披露させていただきました。グループ名は「通常運転」ダンス未経験4人組、静岡のノリと勢いを緊張せず、いつも通りの通常運転で表現しながら「ノリで入籍したらええやん」を踊りきりました。
時間が中々合わない中、空き時間などの時間を使い練習しました。人前でダンスを踊る機会は滅多に無いので貴重な経験が出来たと思います。
また、初等教育学専攻による手遊びは誰でも簡単に遊ぶことが出来、私は役員によるヒゲダンス、書道部による書道パフォーマンスも披露させていただき、決して忘れる事が出来ない一日になりました。とてもいい思い出になりました。ありがとうございました。
書道 佐野那摘

クリスマス会では、書道パフォーマンスを披露させて頂きました。今回書いた「勇往邁進」には「恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること」という意味があります。コロナ禍が続く中でも自分に出来る事をコツコツと積み重ね、夢に向かって進んでいこうという決意を込めました。書道部1,2年生、4人でのパフォーマンスは今回が初めてでしたが、全員が堂々と書き上げ、満足のいくパフォーマンスだったと思います。人を楽しませる物を創るのはとても大変な事ですが、本番中、みんなが楽しそうにしていたのを見て、嬉しさでいっぱいになりました。この経験は、寮生だからこそのものであり、かけがえのない思い出です。役員の皆様をはじめ、その他出し物をして下さった皆様、そして寮生が一緒になって作り上げたクリスマス会は本当に楽しかったです。素敵な一日をありがとうございました。
書道教育コース2年 宇都宮有沙

1212日にいずみ寮クリスマス会を行いました。私は初等で手遊びを披露しましたが、初めてのクリスマス会で終始緊張していました。
でも、見てくれている人達が楽しそうに手遊びをしてくれてるのを見て、私達もたのしくやりきることが出来きました!そして、この体験は将来教員になる立場として実りある体験だったなと感じることが出来ました。
また、喋ったことのない先輩や学部を超えた同級生と関わる機会があり、改めて人との出会いが広がる寮生活は楽しいなと感じました。
1年 比嘉千尋

Christmas2021-1.jpg Christmas2021-2.jpg

Christmas2021-3.jpg Christmas2021-4.jpg

寮生の1日を紹介します  〜いずみ寮〜

夏休みが終わり後期が始まりました。
いずみ寮の1日を紹介したいと思います。
毎朝6時40分から朝食当番が朝食の準備をしています。
7時50分からは当番制で朝掃除を行っています。人数が少ない中ですが、終わった班から終わっていない班の手伝いをしています。みんなが気持ちよく生活出来るように協力して過ごしています。
夕食は18時20分から食べています。夕食当番は17時45分から始め、前期は健康栄養学科の4年生が、後期は1年生がおかずを作って下さっています。水曜日は生活科学専攻の家庭科教員の希望の学生が切込みをしてくれた具材が寮に届き、寮母さんが作ってくださいます。栄養バランスが良いので、毎晩「美味しい」という声が多く聞こえます。現在は新型コロナウィルスの影響でソーシャルディスタンスを意識して食べています。
新型コロナウィルスの影響で制限がかかることもありますが、今後もクリスマス会やさぎそう祭等の行事を寮生みんなで楽しみたいと思っています。
集団で生活をすることは大学生になって初めての人が多いと思います。初めは不安もありましたが、集団生活を通して人の気持ちを考えて行動するようになり大学生である今しか出来ないことだと思います。「ただいま」と言ったら「おかえり」と言ってくれる人がいることは本当に幸せだと思います。今は家族と離れて生活していますが、帰省した時には家族に「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいです。仲間とともに勉強を頑張りつつ、楽しむということを忘れず残り少ない生活を大切にしたいです。
寮長 須田菜都美(富山県出身)
IMG_9577.jpg

GWは寮で~タケノコ掘り・アクティブ会~

タケノコ堀当日、前日に曇り空が続いたのが噓のように晴天に恵まれました。タケノコは4月の中旬くらいに掘るのが一番柔らかくおいしいといわれ、ゴールデンウィークの寮の行事を計画した時、タケノコがなかったらどうしようと考えていましたが、タケノコにも恵まれていて、予想以上の量を収穫することができました。寮生全員が笑顔で協力しながら掘っている姿を見ると一生懸命計画を立てて良かったなと達成感が得られました。
お昼にはドッヂボールとだるまさんが転んだSPを行いました。寮の中で見る寮生とはまた違う一面をたくさん発見することができ、1年生も2年生もまだ話したことがない寮生ともよい関係を築くことができたのではないでしょうか
今コロナウイルスがまだ終息していない中ですが、感染対策を十分に行い開催した今日で、少しの気分転換になったのではないかと思います。
明日(5月4日)は掘ったタケノコでたけのこご飯やタケノコの入ったみそ汁などを皆で協力しながら作り、またミニゲームも行うのでもっともっと寮生との信頼関係を深めることができたらと思います。(健康栄養学科2年 寮長 酒井杏実)


5月3日(月)に地元に帰省できなかった寮生で、ドッチボールとだるまさんが転んだSPを行いました。ドッチボールでは、1.2年生混合チームを作り、総当たり戦で試合をしました。関わりのなかった学科や違う学年の人たちと、交流する機会をもつことができ、さらに1位を取ることができ、楽しい時間になりました。
だるまさんが転んだSPでは、演技力が試され、相手チームに出された様々なお題に取り組み、みんなで楽しくゲームをすることができました。
帰省できなかった寮生のために、忙しい中協力してくださった先生方、このような企画を考えてくれた役員の皆さんに感謝しています。とても充実したゴールデンウィークになりました!(健康栄養学科2年 高山真希)


寮生でたけのこ掘りとレクリエーションをしました。あまり話す機会がない人とも楽しくお喋りをしながらタケノコを掘る事が出来ました。
レクレーションでは、普段見られないみんなの一面を見れたので良かったです。
コロナ禍で、実際に帰らないという選択をしましたが、皆と良い思い出を作れてかけがえのない時間になりました。(健康栄養学科2年 須江美緒菜)


天気の良い新緑のきれいな景色の中で、タケノコ堀をさせていただき、とても良い経験となりました。タケノコ堀は人生初体験で、手で取ろうと試みましたが途中で折れてしまい、やはりくわは必要でした。竹やぶの中は日陰でとても涼しく快適にタケノコ堀をすることができました。日光に当たっていないところでもたけのこは育つのかなと思いました。時期が時期でそんなにタケノコは取れないのかなと思いましたが、以外にもたくさん取れました。あく抜きにも参加させていただきました。あんなにたくさんあったタケノコは皮をとると少なくなってしまいました。そして明日はたけのこご飯です。大好物なので明日が楽しみです。
昼休憩をはさみ、体育館でレクリエーションをしました。初めに運動系のドッヂボールをしました。みんな本気でやるドッヂボールは白熱し賑やかで楽しかったです。こんなにも本気で運動したのは高校の体育以来なので明日は筋肉痛の予感です。次にだるまさんが転んだSPをしました。普通のだるまさんが転んだではなくSPがついていたので楽しみにしていました。役員の方々を筆頭に皆がお題に真剣に取り組んでおり本当に面白かったです。
役員の方々、先生方、寮母さんに感謝して明日の美味しいたけのこご飯をいただきたいです。(健康栄養学科1年 犀藤葉月)


私は、始めGWは帰省するつもりでした。しかしコロナにより帰れなくなり、寮に残るというのが少し嫌でした。ですが役員の方たちが企画を考えてくれ、タケノコ掘りと体育館でのレクリエーションをしました。
 タケノコ掘りは5月ということでもうないじゃないかと思っていましたが、たくさん生えていました。2年生の方が丁寧に説明をしてくれました。坂のところで滑ったのもいい思い出です。
 レクリエーションではドッチボールとだるまさんがころんだをしました。
ドッチボールでは、負けてしまったけれど先輩方や普段かかわりのない1年生の人と協力してとても楽しかったです。
だるまさんがころんだでは、恥を捨てて全力でやって、なにか失った気もするけどとてもたのしかったです。最後負けてしまったのはとても悔しかったです。
このレクリエーションに参加して本当によかったです。(健康栄養学科1年 安川絢也美)


コロナ禍で、このGWになかなか地元に帰ることができなかった中で、寮の先輩方や同学年の仲間と交流し、楽しい思い出を作ることができて、本当に良かったです。企画を考え、準備を重ねてくださった寮の役員の先輩方や先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。最高のGWになりました。本当に楽しかったです。ありがとうございました。(健康栄養学科1年 前田唯衣)


生まれて初めてのタケノコ掘り。笹の葉で隠れたタケノコの先っちょを見つけるのがなかなか大変でした。タケノコを傷つけないように優しくそっと掘りました。みんなで協力して沢山のタケノコを採ることができました。暖かな日差しの下で汗ばみながらのタケノコ掘り。あっという間の時間でしたが、とても楽しく活動できました。また1つ思い出が増えて良かったです。(健康栄養学科2年 橋本心)

S__167862284.jpg

S__167862280.jpg

S__167862285.jpg

S__167862283.jpg