資料請求

 

新着情報

寮生の1日を紹介します  〜いずみ寮〜

夏休みが終わり後期が始まりました。
いずみ寮の1日を紹介したいと思います。
毎朝6時40分から朝食当番が朝食の準備をしています。
7時50分からは当番制で朝掃除を行っています。人数が少ない中ですが、終わった班から終わっていない班の手伝いをしています。みんなが気持ちよく生活出来るように協力して過ごしています。
夕食は18時20分から食べています。夕食当番は17時45分から始め、前期は健康栄養学科の4年生が、後期は1年生がおかずを作って下さっています。水曜日は生活科学専攻の家庭科教員の希望の学生が切込みをしてくれた具材が寮に届き、寮母さんが作ってくださいます。栄養バランスが良いので、毎晩「美味しい」という声が多く聞こえます。現在は新型コロナウィルスの影響でソーシャルディスタンスを意識して食べています。
新型コロナウィルスの影響で制限がかかることもありますが、今後もクリスマス会やさぎそう祭等の行事を寮生みんなで楽しみたいと思っています。
集団で生活をすることは大学生になって初めての人が多いと思います。初めは不安もありましたが、集団生活を通して人の気持ちを考えて行動するようになり大学生である今しか出来ないことだと思います。「ただいま」と言ったら「おかえり」と言ってくれる人がいることは本当に幸せだと思います。今は家族と離れて生活していますが、帰省した時には家族に「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えたいです。仲間とともに勉強を頑張りつつ、楽しむということを忘れず残り少ない生活を大切にしたいです。
寮長 須田菜都美(富山県出身)
IMG_9577.jpg