資料請求

教員情報

学部・学科文化創造学部 文化創造学科(Faculty of Cultural Development)
職種教授 【学士】(Professor)
氏名(カナ)ヨシミズ ヨシオ
氏名(漢字)吉水 淑雄 (Yoshimizu Yoshio)

研究分野(field of study)

旅行業務管理
(Travel Services Management) 観光地理学
(Tourism Geography) 国際観光事情
(International Tourism)

研究テーマ(Research theme)

(1)観光地の景観育成
(2)観光ビジネス英語の教材開発

(1)Landscape Developments of Tourist Destinations

(2)Teaching Materials Developments of Tourism and Business English

研究実績一覧(Research Publications)

論文・資料作品等(Papers Material works)

表題単・
共著
刊行概要(共著者名)関連授業科目
日本人の海外観光旅行の変容
―海外旅行自由化以降に注目して―

Changes in How Japanese View Travelling Abroad Since 1964
共著

Co-author
岐阜女子大学紀要第48号,平成31年2月,pp.19-28

Bulletin of Gifu Women's University Vol.48
これまでの日本人の海外旅行の変遷をたどった。富裕層で限られた人しか行けなかった海外旅行は、日本政府の海外渡航の規制緩和と旅行会社によるパッケージツアーの誕生で海外旅行ブームを迎え、海外旅行は庶民にとって特別なものではなくなっていった。(共著者:瀬戸敦子)

We investigated the history of Japanese travelling abroad since 1964 based on travel brochures, which one of author had created, and found out purposes to visit abroad.
交流文化史

History of Cross Cultural Exchange
「飛騨おぅらい」の英語版の観光情報としての活用

English Translation of Region Studies: the Translation of "Hida Aurai"
共著

Co-author
岐阜女子大学文化情報研究Vol.16-5,2014/12,pp53-58

Gifu Women's University
本稿では、外国人のための「日本・岐阜県・飛騨地区」の観光情報(ガイドブックなど)を比較し、「飛騨おぅらい」の英語訳の役割を考察する。また、Hida Ouraiの内容と、現在県や高山市が出版している旅情報を調べ、Hida Ouraiのメリット・デメリットを検証する。
(共著者:山中マーガレット,安藤義久,佐藤義隆,梶井芳景)

We translated the booklet "Hida Aurai," one of the regional studies published in Japanese by Gifu Women's university, concentrateing on the differences between English and Japanese.
観光地理Ⅰ

Geograhy of Tourism I
心をつなぐ「おもてなしのTUBO」の効果

Advantageous Effect of "Omotenashi no TUBO"
共著

Co-author
岐阜女子大学文化情報研究Vol.16-4、2014/12,pp1-6

Gifu Women's University Culture Information Study, Vol.16-4. 2014/12, pp1-6
基本的な躾を踏まえ、「おもてなしの三要素」のうち、接客の演出部分を新しい視点で構成したものである。内容はJR岐阜駅構内の商店街「アクティブG」で課題を見つけ、そこで働く従業員の育成に寄与しようとするものである。(共著者:浅野弘光)

The purpose of this study is to enhance human resorces for the employee in Active G, JR Gifu station shopping street.
We discussed the present issues and then tried to introduce new views of customer services, forces on staff performance, one elements of Hospitarily three elements.
観光学総論

Basics of Tourism Studies
日本の英語教育における観光英語教育の必要性

The Importance of Toruism English in English Classes at University
共著

Co-author
岐阜女子大学紀要第40号,2011/3,pp129-136

Bulliten of Gifu Women's University,2011/3,pp129-136
旅行業では旅行者のニーズを満たすため英文による最新情報を得る必要がある。また、観光英語の学習が学生の習熟度に良い結果が出ており、英語教育に導入する利点が大いにあるという結論に達した。
(共著者:山中マーガレット,安藤義久)

This paper deals with the importace of tourism English at University. We discussed the problem mainly from two points. Firstly, English education has beenchanging, focusing on conversation. So, toursim english will serve the porpose of improving students' conversational abilities in Englsh. Secondly, tourism English is important as ESP for those students who wants to work in the tourism industory in the future.
総合旅行業務応用

Application of General Travel Service
観光における基礎理論と実習の融合による町づくり

Community building based on the basic theory and activities of tourism
共著

Co-author
岐阜女子大学紀要第40号,2011/3,pp121-128

Bulletin of Gifu Women's University, Vol.40
町おこしには、住民が学生の提案を理解し、町の政策として活動することである。そのために企画・提案し、支援できる人材を育成する必要がある。
(共著者:浅野弘光,山中マーガレット,辻公子)

It is clear method for rebuilding local community that involving new ideas from outside of the community for example, students, as social policies.
We investigated the importance of developing human resorces in order to plan, propose and support.
観光地づくりと学習

Establishment of Local Tourism Studies
2009年根羽村グリーンツーリズム報告書 共著 2009/10/1 村おこしのために提案し、作成した、村の食材を活かした弁当「箱入り根羽」に関する報告書で、同村役場へ提出。
(共著者:観光文化コース学生)
グリーンツーリズム演習

Green Tourism Seminar
観光文化コース 入学前課題 単著 岐阜女子大学文化情報研究Vol.11-3,2009/9,pp45-50 確かな学士力をつけるための観光文化コース入学前における、観光地理の基礎知識を習得するための課題 観光地理学

Studies of Tourism Geography
観光文化コース コア・カリキュラムと指導・評価について(学習内容・行動) 共著 岐阜女子大学文化情報研究Vol.11-1,2009/6,pp52-66 確かな学士力をつけるための観光文化コースにおける、授業科目の学習内容と行動の細目
(共著者:浅野弘光)
観光文化コース専門科目

Specialized Tourism and Culture Course Subjects
観光地の景観地理学的考察Ⅰ 共著 岐阜女子大学紀要第38号,2009/3,pp61-68 地域の良好な景観育成および観光資源としての役割について、農山村地域の景観保全を事例として考察する。
(共著者:楓森博,谷口知司)
観光地理学

Studies of Tourism Geography
尾道における地場産業である帆布を用いた地域振興とその地理的考察 共著 岐阜女子大学文化情報研究Vol.8-6,2007/2,pp19-24 小京都の尾道の地場産業である帆布を活用した地域振興の様子を地理学的視点を加味して、地域住民の内発的な町づくりの在り方を概観する。
(共著者:谷口知司、安立鮎美)
観光地理学

Studies of Tourism Geography

著書等(Books)

表題単・
共著
刊行概要(共著者名)関連授業科目
資格ガイドブック「総合旅行業務取扱管理者 改訂版」 共著 岐阜女子大学,2015/2,pp122 総合旅行業務取扱管理者試験対策の問題集で、出題科目のうち、旅行業及び運送・宿泊約款、海外旅行業務を科目別に、訂正・加筆を行った。
(共著者:安藤義久,山中マーガレット)
総合旅行業務

General Travel Service
国内旅行業務問題集 改訂版 単著 岐阜女子大学,2014/4,pp115 国内旅行業務取扱管理者試験対策の問題集で、出題科目である国内旅行業務を科目の中に国内観光地理の問題を加えて、新傾向に合わせた問題集を作成した。 国内旅行基礎

Domestic Travel Service
専門基礎テキスト「国内旅行業務 改訂版」 単著 岐阜女子大学,2014/1,pp181 初版を発行してから3年を経過し、旅行業法及び旅行業約款の部分的な改正があり、内容を改定する必要性が生じた。また、国内交通機関も新幹線の延伸や高速道路の新設など国内旅行事情が大きく変化しているため、記載内容を訂正した。 国内旅行業務基礎

Basics of Domestic Travel Service
総合旅行業務取扱管理者 共著 岐阜女子大学,2011/3 海外旅行の手配、商品企画と営業に必要な運賃計算、観光地理及び観光英語の知識について、総合旅行業務取扱管理者が必要とすべき知識レベルに到達できるように、基礎から応用までを体系的に記述している。
(共著者:山中マーガレット,安藤義久)
総合旅行業務基礎・応用,国際観光事情

Basics of General Travel Service,
Internatioal Tourism

共同研究・委託研究等(Joint research Contract research)

表題主・分発表概要関連授業科目
日本の英語教育における観光英語教育の必要性 2010~2011年 観光労務論

Theory of Human Resources for Tourism Industry
(委託研究)里山資源の活用 根羽村が村として発表の機会を設定し、刊行物を発刊,2010年~2011年 長野県根羽村の委託による静岡大学農学部、信州大学林業学部、岐阜女子大学観光専修との共同研究。 フィールドワークⅡ

Fieldwork Practice II
中日本高速道路のサービスエリアの活性化 NEXCO中日本高速道路本社会議で発表およびNEXCO中日本高速道路長中期・年度経営計画書「チャレンジⅤ-みちの明日へ」で掲載,2009年~2011年 NEXCO中日本高速道路との共同プロジェクトで、岐阜市周辺のサービスエリアを活性化させる。
(主:吉水淑雄 「サービスエリアの現状と問題点」 分野:施設改善)

(共同研究者:浅野弘光)
卒業研究,観光地づくりと学習

Graduation Research,
Establishment of Local Tourism Studies

社会貢献(Social contributions)

概要備考
岐阜県恵那山高原国民休養地評価委員会委員 2010年~2012年

教育業績(Educational achievements)

授業科目の名称講義等の内容講義と関連する
著書・論文と関連事項
観光地理学 日本国内の代表的な観光地・温泉・特産品などの基礎知識を身につけ、実際に催行されるツアー資料をもとに日本の観光資源の現状を知る。さらに、世界遺産、国立公園、歴史的建造物についてもその所在地だけでなく、歴史的背景についても学習する。 「観光地の景観地理的考察」
国内旅行業務基礎 旅行会社及び観光関連業種における国内旅行業務の仕事の流れを概観し、国内旅行の企画・販売に必要な基礎知識を取得する。航空、鉄道、バス、フェリーなど主要な国内交通機関、ホテル、旅館などの宿泊施設、観光施設のそれぞれの特徴を理解し、簡単な国内ツアーを企画できるようにする。 「国内旅行業務」
観光文化論 これから観光学や観光文化学を学ぼうとする者に対し、それぞれの学びの基礎・基本をしっかりと身につけて、以降の観光研究の基礎固めを目的とする。新しい時代の観光と文化について、生活の中での観光文化、観光政策と行政、国内・海外観光の文化、国際交流時代における旅行商品の造成などについて詳細に検討する。
国際観光事情 激しく変動する国際観光の動向と、その拡大化の意義、国や企業が果たすべき役割など各国の最新観光事情を中心に、今後の展望について考察する。日本人の海外旅行(アウトバウンド)および海外からの訪日旅行(インバウンド)双方の視点から世界の観光事情について学ぶ。
観光関連法規 観光に係わる法令は何のためにあるのか、何を目的としているかを把握し、旅行・運送・宿泊に関する契約条項の基本理念を理解する。旅行者の保護と観光業界の健全な発展を目的とする「旅行業法」及び旅行の契約に係わる各種の約款について、何が規制されているか、どういう仕組みになっているかを学習する。 「国内旅行業務」
国内旅行業務応用 国内旅行業務の全般的な仕事の流れを理解してから、国内旅行商品の企画・提案・販売に至る専門的な知識を習得する。国内旅行商品の企画をするために必要な鉄道、バス、フェリー、航空など主要交通機関、宿泊施設、観光施設等に関する規則や法令の知識を身につけてから、さまざまな国内旅行のプランニングを行う。 「国内旅行業務」
総合旅行業務基礎 旅行会社及び観光関連業種における海外旅行業務の仕事の流れを概観し、海外旅行の企画・販売に必要な基礎知識を習得する。航空、鉄道など主要な交通機関、宿泊施設、観光施設等のそれぞれの特徴を理解し、時差、治安情勢、旅行に係わる法令を考慮し、他の授業では学ばない国際航空運賃についても基礎的な知識を身につけ、簡単な海外ツアーを企画できるようにする。
観光交通史 欧米と我が国における鉄道、車、船舶、航空などの交通機関がどのような社会的背景のなかで発展してきたかを学習する。欧米での交通機関の発達が観光の大衆化にどのように寄与したかについて考察し、次に我が国での交通機関の発達と観光旅行に見られる特徴を、歴史的経緯をふまえて理解する。さらに、観光と交通の役割について、鉄道、バス、航空等の側面を行政、事業者、利用者の各視点から考察する。 「観光交通論」
観光労務論 多様な観光事業における労務の実態を概観し、各分野での主要業務と人事管理面での人材育成について学ぶ。サービス業におけるCS(顧客満足)の重要性を理解し、観光事業を構成する旅行業及び空港、ホテル、テーマパークなどの観光関連業種に共通するホスピタリティ精神を習得する。さらに、それぞれの分野での必要な業務知識の概要を学ぶ。
基礎演習 観光と旅行に関する研究テーマを選び、調査・研究・発表の方法を学習する。旅行についての基礎的な理論を学習してから、国内旅行、海外旅行、訪日旅行、商品企画から、自分の研究テーマを探し、研究の計画を立て、調査から発表までの取り組み方を習得する。
応用演習 観光と旅行に関する研究テーマを設定し、調査・研究・発表の計画を立て、調査研究に取り組み、その途中経過を発表する。具体的な研究テーマを実際に設定し、参考文献、聞き取りなどによる調査活動を開始し、その結果を整理してから論文の作成に取り掛かる。
卒業研究 個別のテーマに応じて、卒業論文の基となる資料の収集、論文作成のための基礎的なトレーニングを経て、聞き取り等の現地調査の方法を学び、論文作成のための議論、分析、評価の作業を行う。個別に論文指導を実施し、卒業論文の質的向上を図る。

教科書・教材等(Textbook Teaching materials)

事項年月概要刊行・発表等
・教科書(大学・大学院用)
国内旅行業務 2011/2 国内旅行を取り扱うために必要とされる観光関連法規、及び国内旅行商品企画には欠かせない運送・宿泊機関の運賃・料金の算出法と国内観光地理の基礎知識を習得するためのテキストであり、国内旅行業務取扱管理者資格試験にも対応している。 岐阜女子大学
・教材
観光交通論 2010/9 授業「観光交通史」の教材で、日本及び海外の鉄道と航空に関する最新情報を記載。