資料請求

プロジェクト

「岐阜で1日楽しもう」2020年度版 完成!

昨年度より開設したWEBページ「岐阜で1日楽しもう」ですが、
2020年版として、追加更新いたしました。
今年度は、9つの「1日プラン」を追加できました。

「1日プラン」でご紹介したスポットを、さらに
「観る」「体験する」「食べる」「買う」の4種類のカテゴリーに分類して詳しくご紹介しています。
今年度は、コロナ対策なども意識して取材させていただきました。

gifuoneday.jpg

デジタルアーカイブ専攻の1、2年生のプロジェクト活動として、
次年度以降も後輩に引き継いでもらって、さらに記事を増やしていきたいと考えています。
岐阜には、まだまだご紹介したい魅力的なスポットが沢山あるはずです。

活動についてはこちらをご覧ください。

実践授業「特別プロジェクト」始動!

「岐阜で1日楽しもう中間報告」

活動を動画で紹介しています。


icons8-人気のあるトピック-50-2.png河川環境楽園オアシスパーク様のWEBページでご紹介いただきました!!
ありがとうございます。

紹介記事はこちら

取材にご協力いただいた皆さまありがとうございました。

新1年生を迎える準備中!

実践授業「特別プロジェクト」では、デジタル一眼レフカメラを使った撮影実習を行います。
「岐阜で1日楽しもう」のWebページは、現在2年生が作成中です(近日、報告予定!)。

そして1年生は、カメラ講座の準備をしています。
毎年、2年生が講師となってカメラ講座を行い、1年生へ知識・技術を伝えています。
そして同時に自らの復習にもなり、カメラ技術を確かなものにしていきます。

1年生のみなさんは前期のことを思い出して、でもただ同じことを繰り返すのではなく、
・もっとこんな講座だったら分かりやすかったかも?
・こんな課題を取り入れたら良かったのでは?
など意見を出し合い、より1年生が学びやすくなるように、身につきやすくなるように講座の改善を行っています。

今、1年生は何をしているのか・・・覗いてみましょう。


29394DC2-A82D-4585-8DEE-4148A339D3F5.jpg
レンズを並べて撮影していますね。場面に合わせてレンズの使い分けをしますよ。

D70C8E27-481E-49E7-927D-5E3091857177.jpg
上の方を見上げて、何かを撮影していますね。どんなカメラ技術と関係あるのでしょうか。

08B2846E-47D9-425D-BCB3-012DACFE1F0As.jpg
メンバーを全力疾走しさせています。6回ほど走らせているのを見守ってから、先生は別のグループを見に行ってしまいました・・・。

F2F313C1-7619-466B-B571-298AF7070A4Ds.jpg
中央の学生のポーズが、何かの儀式かのように・・・。これは一体!!

このような感じで1年生が相談して意見を出し合い、各々のカメラ講座を作り上げています。
勉強になるような、でも楽しく参加できるような講座にしようと、先輩たちは奮闘中です。
新1年生のみなさん、お楽しみに!

デジタルアーキビストコースの授業をご紹介!

デジタルアーキビストコースの実践授業「特別プロジェクト」を紹介してきましたが、それを動画にまとめてみました。

現在作成中のWebページ用動画や、1年生のインタビューも入っています。

ぜひご覧ください。

「岐阜で1日楽しもう」中間報告

昨年度から始まり、多くの方に閲覧していただいています「岐阜で1日楽しもう」
その活動の様子は実践授業「特別プロジェクト」始動!その2で取材・撮影計画を立てている様子を紹介しました。

取材・撮影計画をもとに、現地に赴いて撮影・取材の実習をしました。
もちろん、実習前にWebや図書館で事前調査や資料収集も行っています。

今年度の撮影・取材実習は11グループに分かれました。
柳ケ瀬商店街や養老公園、大垣駅周辺、各務原市、美濃加茂市など、今年度も広範囲に広がりました。
長良川にかかる橋に焦点をあてて、遊歩道を歩きながら橋をハシゴして撮影するグループも!

そのうちの1グループ、全員が沖縄出身の「チーム沖縄」の撮影・取材実習の様子を紹介します。


チーム沖縄は、元寮生の2年生1名と、現寮生の1年生3名です。
特に寮生は新型コロナウィルスに注意が必要です。
そこで「チーム沖縄」は岐阜女子大学周辺で、ちょっと寄れてホッとできる場所を取材することにしました。

学生が大学周辺を調べて驚いたことは「お寺」の「多さ」と「広さ」でした。
沖縄には小さな社が所々にある程度で、大学の周辺だけでこんなにもたくさんの、しかも大きいお寺があることにびっくりしました。
今回は大学近くのお寺を何カ所か取材することにしました。

お寺には、取材に伺いたいこと、撮影とWebページへの掲載の許可について事前に連絡して、現地に行きました。
どこへ行ったのか・・・はWebページ完成までのお楽しみです。

IMG_6408.jpg

DSC00335.jpg

~1年生たちの感想~
・電話のアポ取りから取材まで行うのが初めてで、良い経験になりました。
・アポ取りでは、話す内容をよく考えて、何度も話す練習をして緊張しながら電話をしたのですが、丁寧に対応していただいてうれしかったです。
・本当に大きいお寺でびっくりしました。
・お寺の方がとても親切で、たくさん説明して下さってとても勉強になりました。
・事前にWebで調べたり、お寺のパンフレットをみたりしましたが、直接お話を聞く方が分かりやすかったです。
・どこまで撮影していいのか、気を配りつつ実習することができました。
・お寺の中は薄暗い場所が多く、カメラ設定の工夫が必要で、前期で勉強したことが役立ちました。

寮生は外出を控えていましたので、今回の撮影実習をとても楽しみにしていました。
丁寧に対応していただいたので、ステキなWebページにしたい!と意気込んでいます。

12月から、Webページ作成に入ります!

実践授業「特別プロジェクト」始動!

後期が始まって3週間ほど経ちました。
デジタルアーカイブ専攻では、新型コロナ対策をしっかり行いつつ、実践授業である「特別プロジェクト」の活動をスタートしました。

今年度後期の「特別プロジェクト」では、3コースを用意して授業を行っています。

その1.文化創造デジタル作品コンクール 表彰式の運営

毎年、コンクール表彰式は学園祭「さぎ草祭」にて開催しており、学生が中心となって運営しています。
"イベント運営"は、司書や学芸員はもちろん、教員や一般企業など、どの職種に就いても経験することです。
表彰式の運営を学生が行うことで、イベントの準備→実施→後片付けと、実施に必要な能力を身につけていきます。
今年度は2年生4名、1年生4名の8名で運営します。

今年度は県内外から多くの作品を応募していただきました。
これまでにコンクール運営担当の学生は、
 ①応募作品を管理して、審査用のWebページを作成する
 ②審査員(学生・教員・外部の委員)の方へ、審査会のご案内メールを送る
 ③審査結果の集計を行う
 ④受賞者へ表彰式の案内メールを送る
をしました。事務処理がメインですが、学生の皆さんは初めての体験。
ちょっとした一覧表を作るのにも1時間以上かかったりと、がんばって取り組んでいます。

今後は、表彰式に向けて賞状や副賞、式次第作成など具体的な準備にはいります。
また今年度は新型コロナ対策として、ZOOMを用いた表彰式を計画中です!

コンクールのHPはこちらです。

その2.岐阜で1日楽しもう Webページの増量

昨年度から始まりました「岐阜で1日楽しもう」ですが、現在も多くの方に閲覧していただいております。
今年度も新しい記事を追加すべく、「岐阜で1日楽しもう」の活動を行います。

現在、多くの施設では、新型コロナ対策を行い観光客の受け入れを開始しています。
そこで今年度は、岐阜の楽しいところを探しつつ、新型コロナ対策にも着目して取材をしていきます。

活動は、2年生と1年生とでグループを組み、2年生がリーダーとなって進めます。
授業では3密にならないように気を付けながら、どこを紹介したらいいのか、どんな情報が必要とされているのか、などを考えて取材・撮影計画を立てています。
授業を通して、取材の立案・計画と、撮影技術、データ管理、Web作成技術を身につけます。

また新型コロナに特に注意が必要な寮生については、岐阜女子大学周辺で学生が楽しめそう&リフレッシュできそうな場所を探すことにしました。

IMG_1249.jpg

「岐阜で1日楽しもう」がどう発展していくのか、お楽しみに!

その3.企業HPの研究&企業アーカイブ調査

企業の発展には、デジタルアーカイブは不可欠です。
今ではほとんどの企業が、デジタルアーカイブに取り組まれていることでしょう。
そしてデジタルアーカイブの出口の1つに企業のホームページがあります。
そこで、企業のホームページから企業アーカイブの在り方を調査してレポート作成を行います。

こちらのコースはお家や体調などの事情により、大学での活動が困難な学生が主に参加します。
ある職種・分野に絞って企業を3社選び、その3社のHPからデジタルアーカイブを読み取り、比較・考察を行います。

就活には企業研究は不可欠です。
レポート課題を通して、企業アーカイブについて深めつつ、どんな企業なのか、どう成長したのか、企業は今後どう発展していくのか など、企業研究について触れていきます。


「こんなに大変なのに1単位!?」とよく学生に言われる「特別プロジェクト」
コロナ禍ですが、必要なチカラを身につけるために、この後期もがんばっていきます!