資料請求

新着情報

建方2~災害時浴室棟

201601297.jpg

皆さん、こんにちは!

1月28日、建方の続きの作業を行ないました。

今日の作業は、ほぼ屋根の上での作業のため、安全に気をつけて行ないました。 d(⌒O⌒)b

201601294.jpg 2016012920.jpg
垂木に野地板を打ち付けていきます。今回は釘に金槌で作業をしました。しかし、釘をまっすぐに打つのもなかなか難しい・・・・・・と実感! 浴室での蒸気を逃がすために、面戸板にドリルで穴を開けます。面戸板はどこに取り付けられるのでしょうか?
201601293.jpg 201601298.jpg
答え:面戸板は、垂木と垂木の間、軒桁の上に取り付けます。垂木の成(せい)、高さの分だけ隙間が空くのを防ぐためです。 屋根面に野地板を打ち、その上に防水シート(緑色のシート)をはっていきます。防水シートはタッカーという大型ホッチキスのような道具で止めていきます。
201601299.jpg

防水シートがはり上がった状態です。今日の作業はここまで。

基礎、建方、屋根下地工事まで進みました。

材料を止めるボルトや釘、インパクトレンチやタッカーなど、色々な工具の使い方も学び、勉強になりました!

2016012911.jpg 2016012940.jpg
先週出来なかった、上棟式(建前)を行ないました。本来は柱、梁、屋根の骨組みが出来上がって、棟を上げる時に行なう祭事です。建物の四方に清めたお塩、お酒、お米をまき、これからの工事の安全をお願いしました。 <(_ _)> その後の直会では、今までの工事作業を振り返り、今後の工事の安全と完成後も建物が無事であるよう願いながら、皆で乾杯をしました。特別プロジェクト実習では、地鎮祭、上棟式など、建設工事に関わる祭事についても体験しています。一段と、完成が楽しみになってきました。w(^○^)w