資料請求

新着情報

第12回「わたしの住まいリフォーム・デザイン案コンテスト2020」入選作品と審査評の発表

本学学生が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、11月7日に予定しておりました第12回「わたしの住まいリフォーム・デザイン案コンテスト2020」表彰式は中止となりました。

参加を予定いただいておりました皆様におかれましては、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

後日、賞状と副賞は郵送させていただきます。

入賞者・入選作品と審査評をご紹介いたします。(各賞内順不同)

本学10号館展示室に展示予定です。

第12回わたしの住まいポスター.jpg

A.技術・デザイン部門

建築士会賞 ぐるぐるー猫と空気が巡る家ー  

筒井 日菜(三重県立四日市工業高等学校) 

この作品の特徴は、人の動線とは別の猫の動線-立体的な循環動線-を挿入することにより、大切なペットである猫にも住まい全体を使ってもらおうというまさに猫目線の提案にあります。そのための装置としてのネコカベもネコノキも現実味があり、今はやりのDIYリノベで作ってみたくなるものです。ネコノキを配置する空間は屋外空間である庭を取り込んだ半屋内空間となっており、猫のために危険が多い屋外を屋内に取り込んでいくという発想も興味深かった。手描きのパースも美しく、分かりやすいものとなっています。

筒井日菜様_CMYK-2.jpg

優秀賞小さな幸せ、大きな支えに

岩田 夏帆(岐阜県立岐阜工業高等学校)

この作品の特徴は、現在のコロナ渦における店舗併用住宅の在り方と大型犬の特性を分析し、反映させた住宅の提案となっています。コロナ渦において飲食店が大打撃を負い、テイクアウトのニーズが高まったことを踏まえ、ドライブスルーを取り入れたり、テラス席を設けたりとまさしくwithコロナ時代に適応する様式が考えられています。また、店舗併用住宅としてのゾーニングが明確で、それぞれの使いやすさ、快適さも見てとれます。さらに、一緒に暮らす看板犬である大型犬の特性を分析し、その特性に応じた工夫などが住宅の随所にみられ、一定の現実味を持ったリフォーム案となっています。

岩田夏帆様_CMYK-2.jpg

優秀賞犬が自由に暮らす家 人が自由に暮らす家

前田 明日香(国立徳山工業高等専門学校)

この作品は、屋内飼育が主流となった現在、飼い主と犬との距離や関係性が近くなった分、飼い主との関係性にストレスや不安を生じ、精神疾患を抱える犬も増えているという現状を踏まえ、飼い主と犬とが心身ともに良い影響、関係性をつくるためのリフォーム提案です。庭に面した南側全面に土間という半室外空間を設け、家の約半分の空間を飼い主と犬との共用空間にした思い切りの良さと、土間の上部を吹き抜けとしたことで、互いの気配を感じながら適度な距離感を保つことができる空間となりました。人と犬、それぞれが自由に暮らす家ではあるが、しっかりと犬への愛情が感じられる提案となっています。

前田明日香様_CMYK-2.jpg

優秀賞Connection~つながり~

宮地 柚菜(岐阜県立可児工業高等学校)

この作品の特徴は、課題解決のため、家族がより楽しい毎日を送るために、家の中心に吹き抜けのある『サンクンガーデン』を新しく設けたことです。このアイディアは素晴らしいものです。まずこの空間を使って2階には、親子の繋がりを深めるための内窓があり、お互いの気配を感じあうことが出来ます。この吹き抜け空間は親子の近すぎない、丁度良い距離を保つのに役立ちます。更には吹き抜け空間と繋がったLDKも大きく新しくワンルームとして計画されました。対面式のキッチンは、子どもの成長を温かく見守る『家族の目』を感じることができ、建築としても、明るく・温かい良い作品になっています。

宮地柚菜様_CMYK-2.jpg

奨励賞Relax

篭橋 友貴(岐阜県立可児工業高等学校)

この作品は、犬が家族の一員であることを象徴するような作品になっています。人だけでなく、犬の動線や犬にも配慮した仕上げ材も考えられており、人と同レベルで快適に過ごすための工夫が随所に見られます。ただ単にペットとしての犬ではなく、家族としての犬の存在の大きさがこの作品からは感じ取れます。人目線で建てられる住宅も、家族の一員であるペットの目線に立って計画していくと、人もペットも暮らしが豊かになりそうですね。また、建物そのものだけでなく、庭などの外構計画もしっかり考えられているところも評価しました。

篭橋友貴様_CMYK-2.jpg

奨励賞一体化~ともに~共に過ごしやすい空間を~

佐藤 祐月(岐阜県立可児工業高等学校)

木質系ラーメン構造を採用することで、開放的な大きな空間を作り出し、あちこちのスペースで猫との触れ合いを楽しもうとする提案です。既存の区切られたL・DKを一室にしてリビングを吹き抜けにしています。この吹き抜けには梁を残し、壁に設けたキャットウォークと一体化させ、猫のための空間をつくっています。2階にある夫婦寝室・子供部屋からもこの吹き抜け空間を眺めることができ、猫の動きを見ながら楽しむことができます。新しく設けた階段下部に『猫のためのスペース』を設けるなど細かい配慮もなされ、猫を身近に感じながら『共に過ごす』と言うコンセプトが実現できそうな、良い作品です。

佐藤祐月様_CMYK-2.jpg

奨励賞私と犬のSOCIAL DISTANCE-思いやりの距離-

万谷 真理奈・村上 日向子(国立徳山工業高等専門学校)

この作品は、人とペットとしての犬との関係の在り方について、愛するがあまり人と同じように扱い、生活する現在に一石を投じる提案となっています。住まいの空間を、人間スペース、犬スペースと両者のふれあいスペースという3つの空間に分け、それをフロアレベルで明確化するという大変分かりやすく、説得力のある内容となっています。人間と犬の望ましい距離感について、住まいの空間を通じて新たな考えを提示する大変好感が持てる作品です。 万谷真理奈_村上日向子様_CMYK-2.jpg

B.アイディア・デザイン部門

優秀賞Natural Room

加藤 初音(岐阜県立多治見工業高等学校)

この作品は、室内で過ごすことが多い猫が、のんびり自然の中で暮らしている気持ちになるようにと、飼い主の部屋を「Natural Room」にリフォームする提案です。自然の中をイメージする装置として天窓を設置したり、樹木型のキャットタワーでは、幹にはキノコ型のらせん階段や枝から猫じゃらしにもなるつた状の植物を垂らすなど、高い所や動くものに興味を示す猫の特性が考えられています。同時に猫だけではなく、この部屋で一緒に過ごす飼い主も、猫がくつろぎ、遊ぶ姿に癒され、のんびり、まったり過ごす様子が想像できます。手描きの優しいタッチからも、猫への愛情が感じられる作品です。

加藤初音様_CMYK-2.jpg

優秀賞外のような空間

佐藤 優多(静岡県立浜松工業高等学校)

この作品は、住まいの中に機能をユニット化した小屋を新設することで、残りの空間を縁側のような中間領域とし、犬がそこを走り回れるようにしようと考えたものです。住まいの中で犬と暮らす人が格段に増えた現代の、新たな住まいの在り方かもしれません。住まいの機能をユニット化した小屋は、どこまで部屋としての機能を最小限化できるか、立体的利用ができるかということを考えて提案されており、とても興味深い作品です。

佐藤優多様_CMYK-2.jpg

優秀賞ニャンコと豆の木

中谷 一憲(徳島県立徳島科学技術高等学校)

説明文も大変解りやすく、読みやすい文章で大変好感の持てる提案です。プレゼンテーションとしてはスッキリとして、秀逸でした。2匹の猫がいつも屋外を眺めている姿から何かを感じ、猫たちと共に楽しく暮らせる部屋を提案しています。床に組み込まれた金魚が泳ぐ水槽で本能を刺激し、壁・天井へと考えを展開しています。ジャックと豆の木に発想を得たキャットタワーは如何にも楽しそうですし、豆の木の背景の青い空のイメージも新鮮です。これらの空間構成は動き回る猫を、楽しげに目で追う住人の姿も容易に想像できる、素晴らしい作品になっています。 中谷一憲様 _CMYK-2.jpg

優秀賞犬とくらす

和田 彩絵(第一学院高等学校)

この作品は、実際にある住宅を人と犬が心地の良い暮らしができるようにリフォームすることを想定した、具体的な改善案が取り入れられた作品になっています。改善点を明確にし、その問題を解決するためのリフォーム案は現実味を帯びており、人や犬への細やかな配慮も見られます。特に2階に生活の中心であるLDKを配置したことにより、広々とした空間が生まれ、1階にはしっかり個室が確保できています。また、プレゼンシートの彩り方にも目が惹かれました。素材感のあるフェルトを用いながらカラフルで温かく、楽し気な印象を一目見ただけで感じました。図面も見やすく、このような魅せ方に好感が持てました。

和田彩絵様_CMYK-2.jpg

奨励賞きのこルーム

大山 乃愛(岐阜県立多治見工業高等学校)

この作品は、暮らしの中に「きのこ」をモチーフにした様々なエレメントがちりばめられた、わくわくするような楽しく、テーマパークのような空間になっています。きのことその胞子までもをイメージしているところがユニークな発想です。猫がきのこのキャットタワーや階段を走り回る姿が目に浮かびます。こんな部屋があったら、人も猫も楽しく暮らせそうですね。また、イラストに迫力があり目が惹かれました。線1本1本が綺麗で、着彩も丁寧です。手描きの良さが感じ取れる作品です。

大山乃愛様_CMYK-2.jpg

奨励賞犬が走り回り、犬も人も楽しめる家

高柳 晴(静岡県立浜松工業高等学校)

この作品は、室内に犬が入ることを想定していない住宅で、屋内飼育をするために考えられたリフォーム案です。住宅の1階部分をワンルーム空間とし、玄関から住宅を横断する床を土間にすることで、土間(+0)が犬の領域、+300以上が人の領域となり、床高さによって領域が分けられています。床高さの違いは、キッチンなど危険な場所に犬が入り込まない配慮でもあります。また+300の差が腰掛となり、犬を見守りながら人の領域への侵入を防ぐ役割ともなっています。床高さに着目して領域を分けた点を評価しました。

髙柳晴_CMYK-2.jpg

奨励賞猫と生活

林 実珠(岐阜県立多治見工業高等学校)

この作品は、部屋の中全体が、猫の遊び場となるよう考えられた空間となっています。スキップフロアの部屋は、部屋自体がキャットタワーの一部になっており、キャットウォークへ導くために机や手すりの配置も考えられています。また、動くものが好きということで、水槽を壁に組み込んだり、狭い場所や高い所が好きな特性を理解し、壁トンネルや出窓、キャットウォークなどの装置は、猫を楽しませようという意気込みを感じました。また、キャットハウスやラグマットのデザインからも、飼い主が猫との生活を楽しんでいる様子がイメージできる作品となっています。

林実珠様_CMYK-2.jpg

学校賞:岐阜県立瑞浪高等学校

受賞された皆さん、おめでとうございます!