資料請求

デジタルアーカイブ専攻

資格取得講座

実践的なアーカイブ技術を体得していただくため、『デジタルアーカイブクリエータ資格取得講座』を開催しております。
この講座では、デジタルアーカイブクリエータ資格(NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構認定資格)を取得できます。


【女子高校生のためのデジタルアーカイブクリエータ資格取得講座】

 デジタルアーカイブの構築・連携を担う人材養成には、対象分野の理解、デジタルアーカイブ化の技術、関連法令と倫理の理解、デジタルアーカイブを開発するプロデュース力、コミュニケーション力、さらに、活用者の視点に立ち、ニーズの分析、資料の選定、メディアの選定、ナレッジマネジメントの促進、市民参加型データ収集等の能力が求められます。
 本講座では、上記のような各種能力を身につけ、Society 5.0における知識基盤社会を支え、文化の保存・継承・発展を担う人材であるデジタルアーカイブクリエータを養成します。

2022年12月17日(土)開催について

日時:2022年12月17日(土)10時~17時
場所:Zoomでのオンライン開催
対象:女子高校生
定員:100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
受講料:無料※(資格取得希望者は別途認定料2500円が必要です)
募集期間:2022年11月1日(火)~11月30日(水)

申し込み方法など、詳細はこちらをご覧ください。

2023年8月26日(土)開催について

日時:2023年8月26日(土)10時~17時
場所:Zoomでのオンライン開催
対象:女子高校生
定員:100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
受講料:無料※(資格取得希望者は別途認定料2500円が必要です)
募集期間:2023年5月1日(月)~7月31日(月)

申し込み方法など、詳細はこちらをご覧ください。


【図書館司書体験&デジタルアーカイブクリエータ講座】

 岐阜女子大学デジタルアーカイブ専攻では、デジタルアーキビスト、図書館司書、博物館学芸員の3つの資格を取得できます。いずれも専門的な資格のため、どんな資格?どんなことができる人になれるの?など、もっと知りたいというご意見を多くいただきます。
 そこで、3つの資格のうちの「デジタルアーキビスト」と「図書館司書」について学んで体験できる講座を開催します。デジタルアーカイブや社会での必要性を学び、公共図書館とはちょっと違う大学附属図書館で司書の仕事を体験し、これからの社会に必要な知識や技術を身につけることができるデジタルアーカイブ専攻を知りましょう!

日時:2022年6月19日(日)10時~15時(受付開始:9時45分)
場所:岐阜女子大学附属図書館(岐阜市太郎丸80)
対象:女子高校生
定員:15名(事前予約制、先着順)
持ち物:筆記用具、マスク、昼食
参加費:無料※
    ※デジタルアーカイブクリエータ資格取得を希望される場合は2500円が必要です

詳しい情報は、こちらのチラシをご覧ください。

申込は〆切ました。ご応募ありがとうございました。

スライド1.JPG

たくさんのご参加をお待ちしております。


デジタルアーカイブクリエータ資格について詳しくは、NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構認定資格HPをご覧ください。
ご参加をお待ちしています。