資料請求

新着情報

自宅で過ごす時間を、大学進学に役立てる時間に。 第6回紙しばいコンテスト作品募集

紙しばいの制作を通して、自宅で過ごす時間を「幼児教育・保育の進路に役立てる時間」にしませんか?

紙しばいの制作過程には、「幼児の感性」について調べたり、幼児が楽しいと思えるような「言葉」や「ストーリー」を考える過程があります。
幼児のことを深く理解する過程こそ、幼児教育・保育活動の基礎でもあり、本大学でも講義や実践を通して専門的に学ぶことです。
さらにはみなさん自身が表現する楽しさを味わい、表現力を備えた保育者になってもらうことを願っています。
メールや電話にて、テーマ決めや制作過程に関する質問など、お答えします。
大学進学の「予習」の機会として、ぜひ、本コンテストにご応募ください。
          *  TEL. 058-229-2211 初等教育学専攻 鈴木・中島
          *  MAIL. rikas@gijodai.ac.jp

〈コンテストの特色〉
①「上位受賞作品の読み聞かせ実演」
・・・学園祭に来校してくださったお客様・お子様に向けて、在学生が作品の読み聞かせをします。
昨年の入賞作品の動画URLを掲載します。https://youtu.be/pSzlsuNCrwo

②「紙しばい物語部門」
・・・やってみたいけれど、絵は苦手。そんなあなたに「物語」のみの応募枠を設けました。
大賞受賞作品は、大学の美術教員により絵を作成し、紙しばいを完成します。(物語部門応募用紙はこちら)


募集期間は2020年5月7日(木)~9月7日(月)です。みなさんの自宅で過ごす時間が「幼児教育・保育の進路に役立てる時間」として、少しでも有意義になるよう募集期間を5月からと早めました。
また、6月14日(日)オープンキャンパスにて、体験授業『子どもの想像力を高める紙しばい。その魅力を感じ取ろう』を行います。興味のある方は、ぜひ足を運んでください。お待ちしています。


R2紙しばいコンテストチラシ表.jpg

R2紙しばいコンテストチラシ裏.jpg