資料請求

学校教育専修

新着情報

「福井県の中高の国語教員になりたい」という初志を貫き、試験に合格したN・Sさんの紹介

この度、初志を貫き、見事、「中高の国語教員」として合格したN・Sさんにインタビューしました。

出身校:福井県立若狭高等学校
入学時の夢:福井県の中学校・高校の国語教員になること。

夢の実現に向けて:
〇1年生から、採用試験に合格できる力をつけるための「学びと社会」の科目に真剣に取り組んだこと。使用したプリントを使って繰り返し自ら勉強したこと。また、高校の時に使った参考書や資料も使って勉強したこと。
〇4年生になると、面接や小論文の対策を授業時間以外に、いろいろな先生に積極的にお願いに行き、指導を受けたこと。指導を受けた折、うまくできなくても、へこたれずに挑戦し続けたこと。
〇小学校教諭の免許を取得することも中学校・高校の国語教員としての力をつけるうえで必要と考え、小学校教諭の免許を取得することを1年生の後期から始めたとき、小学校担当の先生からもバックアップしていただいたこと。

今思うこと:
〇1年生から自ら計画的・継続的に学習をしてきたことと、「学生一人一人の願いを大切にし、願いが実現できるよう、4年間を通して手厚い援助をしてくださる岐阜女子大学の面倒見のよさ」も合格につながったと思う。