資料請求

新着情報

繊細な筆の動きも、見て、真似て ー実技講義ー

岐阜女子大学は学内閉鎖期間も遠隔授業を行っていたため、通常通り昨日から、夏休み期間となりました。来月から2年生は「保育実習」と「小学校体験実習」、3年生は「教育実習」が始まります。

対面授業が始まると「初等教科教育法(国語)」「初等教科教育法(社会)」では、模擬授業を通して授業力を身に付けてきました。「図画工作実習」では、一枚の大型絵画を制作することで描画指導法を習得しました。

DSC06457.jpg〈社会科・模擬授業の様子〉

zugakousaku2.jpg〈絵画制作実習の様子〉

fffff.png

対面指導していただけたことで、その場で色を作っていくことはもちろん、先生の繊細な筆の動きから表現方法を学ぶことができました。生身の人間の手の動きから、みるみる絵がリアルになっていく過程に感動しました。列車の奥行部分を濃い色を足すことで表現したり、鉄の輝いている部分を、色を工夫することで光っているように表現できることを教えていただきました。

S__26025988.jpg


fffffffffff.png

小学5・6年生の指導事項に「形や色,動きや奥行きなどの造形的な特徴をとらえる」とあります。今回、目で見て真似て学んだ技術を、小学校実習で生かしていきたいです。

学校教育専修2年 和田千聖(静岡県立清流館高校出身)