募集要項(通学)

平成29年度・平成30年度文化創造学研究科の募集要項はこちらをご覧ください。

一般選抜 (留学生・社会人を含む)

1 募集人員(留学生・社会人・社会人特別選抜を含む。)

研究科専攻分野募集人員
文化創造学研究科 文化創造学専攻 日本文化分野
英語文化分野
文化創造分野
6名
初等教育学専攻 学力向上分野
教育方法分野
個人カルテ分野(設置予定)
幼児教育分野(設置予定)
4名

※募集人員は,4月及び10月入学を合わせた人数です。

2 出願資格

平成29年度入試

性別を問わず、次の各号のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者及び平成29年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第104条第4項の規定により,学士の学位を授与された者及び平成29年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において,学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月修了見込みの者
  5. 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成29年3月修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
  7. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  8. 学校教育法第102条第2項の規定により大学院又は他の大学院に入学した者であって,研究科において,研究科における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者
  9. 大学に3年以上在学し,又は外国において学校教育における15年の課程を修了し,本大学院において,所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  10. 本大学院において,個別の出願資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,平成29年3月31日までに22歳に達する者

(注1)上記の出願資格のほか「日本語能力試験2級に合格した者」又は「日本留学試験の日本語の得点が210点以上の者」であること。

(注2)出願資格(8),(9),(10)により出願しようとする者は,出願資格の有無についての事前審査を行いますので,別項「2-2出願資格事前審査について」を参照してください。

※「社会人特別選抜試験」については,別項「2-3社会人特別選抜出願資格」を参照してください。

平成30年度入試

性別を問わず、次の各号のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第104条第4項の規定により,学士の学位を授与された者及び平成30年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において,学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  5. 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
  7. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  8. 学校教育法第102条第2項の規定により大学院又は他の大学院に入学した者であって,研究科において,研究科における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者
  9. 大学に3年以上在学し,又は外国において学校教育における15年の課程を修了し,本大学院において,所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  10. 本大学院において,個別の出願資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,平成30年3月31日までに22歳に達する者

(注1)「留学生」は,上記の出願資格のほか「日本語能力試験2級に合格した者」又は「日本留学試験の日本語の得点が210点以上の者」であること。

(注2)出願資格(8),(9),(10)により出願しようとする者は,出願資格の有無についての事前審査を行いますので,別項「2-2出願資格事前審査について」を参照してください。

※「社会人特別選抜試験」については,別項「2-3社会人特別選抜出願資格」を参照してください。

2-2 出願資格事前審査について

  1. 対象者
    一般選抜(留学生・社会人を含む)・・・出願資格(8),(9),(10)により出願しようとする者
    社会人特別選抜・・・・・・・・・・・・・・・・・出願資格(6)により出願しようとする者

  2. 資格審査のための申請期間及び資格審査結果通知日
    平成29年度 10月入学 ※文化創造学研究科のみ
    区分前期入試後期入試
    申請
    期間
    平成29年5月8日(月)~平成29年5月15日(月) 平成29年7月28日(金)~平成29年8月4日(金)
    結果の
    通知
    平成29年5月22日(月)までに

    平成29年8月18日(金)までに

    平成30年度 4月入学 ※前期・・・生活科学研究科 社会人特別選抜の募集はありません。
    区分前期入試後期入試
    申請
    期間
    平成29年9月1日(金)~平成29年9月7日(木) 平成30年1月9日(火)~平成30年1月19日(金)
    結果の
    通知
    平成29年9月15日(金)までに 平成30年1月31日(水)までに
    平成30年度 10月入学 ※文化創造学研究科のみ
    区分前期入試後期入試
    申請
    期間
    平成30年5月7日(月)~平成30年5月14日(月) 平成30年7月27日(金)~平成30年8月3日(金)
    結果の
    通知
    平成30年5月21日(月)までに

    平成30年8月17日(金)までに


    持参の場合,10時から16時まで(土曜日,日曜日,祝祭日を除く)です。郵送の場合は,締切日の消印有効です。

  3. 申請書類
    ※あらかじめ大学院入試室(TEL058-229-2211)にご連絡いただき,申請書類を提出してください。


    (1)出願資格事前審査願(「募集要項」に添付した所定の用紙)
    (2)履歴書(「募集要項」に添付した所定の用紙)
    (3)卒業・修了証明書及び成績証明書
    (4)実務(社会人)経験歴・実務経験内容,資格取得等を証明する書類
     ※社会における実務経験の期間及び内容を証明できるものや取得した資格の証明書及びそれらに関する書類
     ※証明書等を添付できない場合は,大学卒業と同等以上の学力があると判断する理由を記入したもの(書式不問)

  4. 申請書類提出先
    〒501-2592 岐阜市太郎丸80番地 岐阜女子大学大学院入試室

2-3 社会人特別選抜出願資格

平成29年度入試

性別及び職業の有無を問わず,平成29年4月1日時点で,社会人として3年以上の経験を有し,次の項目のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者及び平成29年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第104条第4項の規定により,学士の学位を授与された者及び平成29年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において,学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月修了見込みの者
  5. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  6. その他,個別の出願資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると各研究科が認めた者で,平成29年3月31日までに25歳に達している者

(注1)「留学生」は,上記の出願資格のほか「日本語能力試験2級に合格した者」又は「日本留学試験の日本語の得点が210点以上の者」であること。

(注2)出願資格(6)により出願しようとする者は,出願資格の有無についての事前審査を行いますので,別項「2-2出願資格事前審査について」を参照してください。

平成30年度入試

性別及び職業の有無を問わず,平成30年4月1日時点で,社会人として3年以上の経験を有し,次の項目のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第104条第4項の規定により,学士の学位を授与された者及び平成30年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において,学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  5. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  6. その他,個別の出願資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると各研究科が認めた者で,平成30年3月31日までに25歳に達している者

(注1)「留学生」は,上記の出願資格のほか「日本語能力試験2級に合格した者」又は「日本留学試験の日本語の得点が210点以上の者」であること。

(注2)出願資格(6)により出願しようとする者は,出願資格の有無についての事前審査を行いますので,別項「2-2出願資格事前審査について」を参照してください。