分野

文化創造学専攻

 文化創造学専攻では、日本語・日本文学、及び書道、英語・英米文学、文化資料に関する理解を深め、高度の専門性を要する職業等に必要な幅広い知識と能力とを持つ人材の育成を目指します。

日本文化分野

 「日本文化分野」は日本語学、日本文学、東洋文化(漢文学)、文字芸術としての書道を研究する分野です。日本語学、日本文学、東洋文化(漢文学)及び書道の各分野における研究能力を高めることを主としますが、関連して、日本文学や東洋文化(漢文学)と書道の関係、日本語学と英語学との比較、日本文学や東洋文化(漢文学)と英米文学との比較についても理解を深め、日本語学、日本文学、東洋文化(漢文学)及び書道に関する高度の専門性を要する職業や教育職員専修免許に必要な幅広い知識と能力とを持つ人材の育成を目的とします。

教員紹介
開設科目一覧

英語文化分野(通学のみ)

 「英語文化分野」は英語学、英米文学、英語コミュニケーションを研究する分野です。英語学、英米文学、英語コミュニケーションの各分野における研究能力を高めることを主としますが、関連して、英語と日本語との比較、英米文化・文学と日本文化・文学との比較、英語・英米文学・英語コミュニケーションの背景をなす英語圏の文化についても理解を深め、英語学、英米文学、英語コミュニケーションに関する高度の専門性を要する職業等に必要な幅広い知識と能力とを持つ人材の育成を目的とします。

教員紹介

開設科目一覧

文化創造分野

 社会の人材養成に応えて、各種の文化的素養を基礎に、最新のマルチメディア技術、情報管理等についての高度な知識・技術と文化情報についてのデジタルデータの収集・管理・利用、知的財産権管理等の知識の獲得とそれらの知識・技術を具体的に実践できる人材の育成を目的とします。さらに、これらを通して新たな文化を創造する力を培うとともに、新たな文化を広く発信する力を養うことで今日的な課題を解決する創造的な人材を育成します。あわせて学芸員、司書、教員などの資格と高度なデジタル・アーキビストとしての資質をもつ高度職業人の養成を目的とします。 文化資料等のデジタルアーカイブ化の過程に存在する諸課題に取り組む「デジタルアーカイブ研究コース」と、教材開発の過程に存在する諸課題に取り組む「教材開発研究コース」があります。

教員紹介

開設科目一覧

初等教育学専攻

 初等教育学専攻では、幼児・児童の教育実践に関わる学術諸分野と教育科学の総合的・学術的な教育研究を行うことにより、現代の複雑化する教育問題に対処できる見識と実践力を有するとともに、文化の情報化に関する技術を身につけ、より豊かな文化を創造し、それらを教育実践に還元できる「高度の専門性を持つ実践的な教員」の養成を目的とした人材養成をおこなっています。

教員紹介

開設科目一覧

学力向上分野

 これまでの研究実践により、多くの研究資料の蓄積がなされています。その研究資料を現代に活用することで、学力向上に寄与することがこれまでの本大学院の研究で分かってきました。そこで、過去の教育研究資料が現代の教育、特に学力の向上に活用できるのかをより深く追及していきます。

教育方法分野

 教育実践を計画・指導・評価の一連の体系として捉え、教育実践をその体系のもと行います。その際に、授業計画の立案の方法や実施の指導での教師と児童の発問と応答などの分析、評価の方法の構築などを追究していきます。

個人カルテ分野(設置予定)

 「児童生徒一人ひとりをしっかり見る、見取る」とよく言います。これはどのような観点で見ることなのでしょうか。教育においては大変重要でそして基礎的なこの問題について、深く追究していきます。現代における個人を見るための観点を「個人カルテ」として考察したり、それを活用して児童生徒一人ひとりをいかに見たりしていくのかなどについて研究します。

幼児教育分野(設置予定)

 幼児に対する保育・教育に焦点を当て、その保育・教育の方法や実践の在り方を追求していきます。個人カルテ等を活用して、幼児の個々の特性を把握した保育や教育の計画や実践の方法を立案し、実施します。その実践を分析、評価する方法の構築へもアプローチしていきます。