学修方法

共通事項

 ① 必修科目の「修士論文作成特別研究」は1~2年次に4単位を履修します。
 ② 所属する専攻・分野の授業科目から8科目(16単位)以上を履修します。
 ③ 残り5科目(10単位)以上を研究科の他の専攻・分野の授業科目から選択履修することもできます。

 上記③の履修によって、修士論文作成のために、一つの専攻に所属しながら、その専攻に閉じこもることなく、広範囲な履修を可能とし、独自の学識を得ることができます。

通学
  • 平日の授業のほかに、土曜日・日曜日や長期休暇期間中に集中講義を開講
  • 自宅等での受講
    修士論文指導等の個別指導は、テレビ会議システムやインターネット等による双方向通信で受けることも可能
  • 一部の授業科目は遠隔教育にて受講
    岐阜女子大学と沖縄サテライト校をテレビ会議システムで結び双方向通信での授業を開講
通信
  • 通信教育課程の授業科目は、テキスト履修、テキスト・スクーリング履修、いずれかの形態で開講しています。

rishu1.gif   rishu2.gif

修了条件

 2年以上在学し、定められた授業科目を30単位【授業科目:13科目(26単位)・修士論文(4単位)】以上修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文を提出し、その審査及び最終試験に合格すること。
 ただし、特に優れた業績を上げた院生は、1年以上在学すれば修了することができます。

学修スケジュール(4月入学の場合)

schedule1.gif

schedule2.gif