資料請求

観光専修

新着情報

8/21(日)観光DX ~仮想空間を創り上げるに必要な観光資源の知識とは?~ オープンキャンパスのお知らせ

8月21日(日)のオープンキャンパスでは、

海外観光地理
~今話題の観光地を探る~

長年旅行会社で勤務されていた吉水先生の人気授業です!

この体験授業は、専門科目「観光地理Ⅱ」や「総合旅行業務応用」の授業に直結する内容になっています。

海外旅行といっても、ただ決められた場所を見に行くかつての旅行スタイルから、個人の興味関心に沿った旅行や観光地の自然やその場所で暮らす人々のことを第一に考える旅行(サスティナブル・ツーリズム)が主流となっています。この旅行スタイルは、コロナ感染終息後も続いていきます。むしろ「わざわざその場所に行く」ことでしか得られない旅行しか求められない世界がくるかもしれません。そんな時、一つの観光資源について歴史や文化、周辺住民の暮らしなど深く説明(ガイド)する力が観光業界には求められています。

コロナ禍で注目されている「新しい観光」として、「観光DX」があります。バーチャル世界の中でVRやAR技術を使った、まるでその場所にいるかのような感覚を味わったり、インターネット上に構築された仮想空間(メタバース)内で、旅行を楽しんだり仲間・地域の人との交流を図ったりします。その仮想空間を創り上げるにも、まず最初に必要なのは、作り手自身が「観光資源を知る」ことです。

21日の授業では、その第1歩として世界にはどんな観光資源があるのか、クイズ形式で楽しく学びましょう。