資料請求

新着情報

ウェディングプランナーとして働く~卒業生の声~

現在ウェディングプランナーとして働く入社3年目の卒業生にインタビューしました。

林 怜那さんは、観光ビジネスコース卒業後地元岐阜市の都ホテル 岐阜長良川へ就職しました。最初は、ロビー担当としてチェックインされたお客さまの誘導などを担当していましたが、1年後には宴会部ブライダル部門へ移り、今はウェディングプランナーとして働いています。

林怜那さん.jpeg

日ごろ、どのような業務を行っていますか?

ホテルウェディングを希望される新郎新婦へ商品のご提案や、お式当日までの様々なお手伝いをしています。そのほかには、衣装や料理担当のスタッフとの打ち合わせもあります。緊急事態宣言中などは、新郎新婦とオンラインで打合せをしたり、新規お客さまの対応もオンラインで行ったりしています。画面からもホテルウェディングを知っていただけるよう、業務の合間にフォトアルバムを作成しています。

この仕事をしていてのやりがいは何ですか?

結婚式当日までには、招待状の準備や引き出物、会場でのお料理や音楽、お花など準備することがたくさんあります。ウェディングプランナーが中心となり、お客さまの希望に合った結婚式をご提案するのは簡単なことではないですが、担当した新郎新婦からお礼の御言葉を頂けるのは本当にうれしく、やりがいとなっています。