資料請求

新着情報

中学校英語教員として働く ~卒業生の声~

山本 紋菜さん(令和元年度卒 岐阜市立女子短期大学出身) 岐阜市立中学校英語教員

山本さん.jpg私は短大を卒業し、観光・英語専修の英語教育コースに3年次編入をしました。

課程を履修し、2年間で中高1種免を取得することができました。

現在は、昔からの夢を叶え、中学校で英語を教えています。生徒たちから「先生の英語の授業楽しい!」と言われることが教員という仕事のやりたいのひとつです。

大学で学んだすべての授業が今、とても役に立っています。少人数制で分かりやすい授業でした。編入でしたが、頑張って2年間で教員免許を取得することができたことなど、たくさんの素晴らしい思い出があります。


山本さんは、2年間の大学生活で「中学校教諭一種(英語)」、「高等学校教諭一種(英語)」の教員免許を取得しました。

大学生活は、通常の授業に加え、教育実習や卒業研究と忙しくも充実した日々でした。卒業研究では、中学校英語において、未来を示す表現(will, be going to)の効果的な指導方法について論文としてまとめました。中学校英語科教科書の構成比較や指導案分析を行い、実際に自身の指導案を作成しました。