資料請求

図書館司書コース

図書館司書コース

図書館は、資料や情報を収集・整理、保存して、現在の利用者に提供するとともに、収集した知的文化資源を次の世代に継承する機関です。一口に図書館といっても、公共図書館、学校図書館など様々な種類の図書館がありますが、図書館司書は、図書館等で図書館資料の選択、発注・受入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内等を行う専門的職員です。

本学では、図書館司書の資格が取得できるとともに、デジタルアーキビストの資格を取得することができます。つまり、これからの図書館司書に求められる次のような能力を身につけることができるのです。
 ○所蔵している資料をデジタル化する能力
 ○最初からデジタルで作成される資料を収集する能力
 ○デジタル化された資料を利用者に提供する能力
 ○地域の文化財などの情報をデジタル発信する能力

図書館司書デジタルアーキビスト
     tnm2.png
これからの図書館に必要とされる人材

図書館司書とデジタルアーキビスト「どんなことができるの?」

図書館司書とデジタルアーキビストの両方の能力をもつことで、図書館の専門職員として、所蔵資料のデジタル化も含めた、図書館資料の収集・保存・提供・資料の次世代への継承などを行うことができます。

現代社会では、様々な分野でデジタル化が進み、図書館においても情報処理能力が求められる時代になりました。各地の図書館で、情報やデジタルに強い図書館司書が求められています。

学びのポイント「どんな学修をするの?」

図書館司書コースの授業では、教室で先生の授業を聞いて学ぶ机上の学修だけでなく、コンピュータを利用して新聞記事のデータベースを検索したり、大学図書館で実際の業務を体験したり,自分で取り組む実習が多く、実践的な学修をします。「図書館とデジタルアーカイブ」の授業では様々な図書館のデジタルアーカイブを研究して発表し、学生同士でコメントしたりしています。

図書館活動演習

図書館活動演習では、図書館に関する科目で学習する知識や技術について、実際に大学内図書館にて経験し、実務に不可欠な知識や心構えについて学んでいきます。

図書館活動演習 製本・修理講習会.jpg
一級製本技能士を招いての製本・修理講習会

図書館活動演習 選書ツアー_(2).jpg
地元の書店で選書ツアー(ブックトラックの本を選びました)

図書館とデジタルアーカイブ

図書館のデジタルアーカイブについて,現状や課題,可能性などを概観した上で,公共図書館,大学図書館,国立国会図書館の事例を研究します。また,MLA(博物館・図書館・文書館)連携の文脈におけるデジタルアーカイブについて学習します。

DSCN1026.jpg
図書館のデジタルアーカイブの事例発表