博物館学芸員コース

博物館学芸員コース

現地実習を多彩に取り入れ、地域のさまざまな貴重資料の伝承、展示(提示)を学びます。
また、それらの資料のデジタル化もできる学芸員を養成します。

学芸員とは?
学芸員は、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業を行う、「博物館法」に定められた博物館におかれる専門的職員です。(国家資格)

博物館学芸員コースでは、学芸員資格に加え、デジタル・アーキビスト資格も併せて取得することができ、より専門的な知識を持った学芸員の教育を行います。

デジタル・アーキビストとは、情報社会における時代の要請でもある文化資料のデジタル化や資料にかかわる著作権・プライバシーなどの知識を持ち、総合的な文化情報の創造、保護・管理、流通利用を担当できる専門家のことです。

学芸員は、博物館に勤務する専門職員などを指します。博物館資料の収集・保存・展示および調査研究などを主に担当します。

学芸員とデジタル・アーキビスト、その両方の能力を身に付けることにより、資料収集から、デジタル処理、デジタル・アーカイブ化、管理・流通まで、文化資料や情報の適切な処理を一括してプロデュースできる人材として、活躍することが期待されています。

学芸員とデジタル・アーキビストの能力をもつことで、博物館の専門職員として、各種資料のデジタル化も含めた、収集・保存・展示・研究などを行うことができます。

例えば・・・
⇒歴史博物館では
歴史、民俗、民族、考古、文学などにかかわる資料、古文書などのデジタル化
⇒美術館では
古美術、西洋・東洋美術、近代美術など美術全般資料,絵画などのデジタル化
⇒動植物園・水族館では
自然、地質、動物、植物などの資料のデジタル化
⇒科学館では
科学、産業、天文(プラネタリウム)などの資料のデジタル化

これからの博物館には、実物資料とデジタル資料の両方の保存や展示が求められており、デジタル博物館も登場しています。

博物館には、歴史などの博物館のほか、美術館、動植物園、水族館、科学館などがあり、それぞれの分野に関係する資料を取り扱っています。
私たちの住む地域にも、「○○市博物館」や「○○町資料館」などの市町村の博物館や企業の博物館などがあります。
それらの博物館でも、所蔵している資料のデジタル化や内容分類,データベース化などは必要とされ、こうした知識をもつ学芸員の活躍の場となります。

 

博物館学芸員コースの授業では、大学の中だけではなく、北海道から沖縄まで、さまざまな地域で実習を行い、実践的な学習をします。
それぞれの地域で歴史、民俗、文化、自然について学び、それらを博物館ではどのように取り扱うか、伝統文化の伝承など、さまざまな視点で検討します。

世界遺産白川郷 博物館和田家

北海道開拓の村(博物館)

博物館資料の記録、管理情報の実践

取得した資格をフルに活用、学芸員、司書、デジタル・アーキビストとして活躍
T・Eさん

岐阜県内の町立歴史民俗資料館、図書館で働くTさんは、学芸員として、民具などの資料の撮影やデータベース登録などを行い、図書館での図書の貸出などの業務も担当しています。