資料請求

大学院からのお知らせ

修士論文口頭試問を行いました(3月修了生)

2月21日(日)に文化創造学研究科の修士論文口頭試問を実施しました。

3月修了予定の大学院生が15名が修士論文の内容に関して、パワーポイントを用いて発表を行いました。
発表時間は15分、その後は主査・副査の先生方からの質疑応答がありました。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインシステム「ZOOM」で
自宅から発表を行った院生もいました。

<発表の様子>

<修士論文タイトル>(抜粋)
・日本語の利害受身の研究
・真の「湛水流」を語るオーラルヒストリー
  -琉球古典音楽の源流・「湛水流」継承発展のためのデジタルアーカイブ開発-
・後藤・岩田等による1967年からの基礎学力向上の資料から学ぶ、授業の分析方法とその活用について
・コンピテンシーベースの防災教育の一考察
  -防災リテラシーと生き抜く力―
・小学校第5学年社会科における作問法の学力向上への効果検証
・幼児の表現力を引き出す音源の創作
  ~思わず体が動き出す3歳児の姿を目指して~

院生の皆様、2年間、長い方では4年間、本当にお疲れ様でした。
今年はコロナ禍の影響で、研究活動も例年以上に苦労されたと思います。
アンケートや現地調査も思ったように進まなかったと聞きました。

今回の発表で終わりではなく、今後も研究を継続して、より素晴らしい結果を残してくださることを
願っております。
先ずは、口頭試問で先生方からご指摘いただいた箇所を再検討することから始めてはいかがでしょうか。