資料請求

大学院からのお知らせ

研究会で論文発表を行いました

令和2年11月23日(月・祝)に開催された
・第15回 デジタルアーカイブ研究会
・第28回 教育資料研究会
で、本学院生12名と科目履修生3名が研究発表を行いました。

研究発表の一例
・後藤・岩田等による1967年からの基礎学力向上の資料から学ぶ、授業の分析方法とその活用について
・コンピテンシーベースの防災教育の一考察
  ―防災リテラシーと生き抜く力―
・小・中学校教員が職場において認知するソーシャル・サポート
・小学校5学年社会科における作問法の学力向上への効果検証
  ~知識・技能の観点に焦点をあてて~
・琉球音階を用いた旋律づくりに関する一考察
  ~曲想と音楽構造との関わりについて理解を深める授業づくり~
・デジタルアーカイブの持続可能性条件の研究
・所謂デジタルアーカイブと取得時効

写真2.jpg 写真1.jpg

研究会は、オンラインシステム「ZOOM」を利用して開催されましたので、本学の院生も自宅や大学から発表と聴講をさせて頂きました。
参加者の皆様、本学院生へのご意見・ご感想ありがとうございました。