住居学専攻のアドミッションポリシー

住環境に関する専門知識と技術を習得し、住環境の安全・安心・快適性の確保、健康、環境問題などに幅広く対応できる実践力と感性を有した人材を育てます。社会の発展に寄与することを教育目標とし、住む人の『満足する住環境を創造できる』スペシャリスト(卒業時2級建築士合格レベルの知識を有する)、住居学分野において社会貢献できる女性の育成を目指しています。

このため、住居学専攻では、次のような方が入学されることを希望します。

  • 建築・インテリア・ファニチャーなど、ものづくりに対する熱意のある方
  • 積極性・主体性があり問題意識を持ち、問題解決に向け行動が取れる方
  • 住居学の専門技術・知識を学ぶために必要な基礎学力を有する方

特に構造力学を学ぶためには数学の知識が必要です。それらの学修への興味・関心を高め基礎的な知識を身につけておいてください。(早期合格者は、入学前の補完学習システムで課題「数学基礎」を学ぶこともできます。)

学科・専攻情報