大学からのお知らせ

北方町と「地域活性化に関する包括連携協定」を締結しました

岐阜女子大学は、令和2年11月10日北方町(戸部哲哉町長)と地域活性化に関する包括連携協定を締結いたしました。本学が自治体との包括協定を締結するのは4例目となります。
この協定は、双方が多様な分野で包括的に連携と協力関係を築き、持続的・発展的に連携を深めることにより、地域の課題に適切に対応すること及び協働による事業を推進することにより、未来を担う人材育成など活力ある地域社会の形成・発展地域社会に寄与することを目的としています。
連携内容は、次の事項です。
(1)教育の振興に関すること。
(2)研究の活性化に関すること。
(3)まちづくり、健康づくり、地域の活性化に関すること。
(4)人材育成に関すること。
(5)その他前条の目的に資するもので両者が必要と認める事項に関すること。
戸部北方町長から、令和5年4月からの義務教育学校の開講を目指す「北方学園構想」の取組の中で、いかにして児童・生徒の教育力の向上について是非とも協力をいただきたいとの話があり、松川学長は、本学の有する多様な知を北方町における地域課題と結び付け、独創的、先進的な取組みと研究にチャレンジしていくと応えました。本学は初等教育・健康栄養を始めとする大学力により地域貢献に努めて参ります。

20201112 .jpg
調印式
20201112-2.jpg
協定書
1982-2020_11_11.jpg
(2020年11月11日中日新聞朝刊掲載記事)
※この記事・写真等は、中日新聞社の許諾を得て転載しています。