資料請求

教員情報

学部・学科生活科学科 住居学専攻(Faculty of Home Economics Major in Housing and Design)
職種講師 【学士】
氏名(カナ)モリタ ミサ 
氏名(漢字)森田 実沙 (Morita Misa)

研究分野(field of study)

専門とする分野は住宅計画です。
住宅と一言で言っても住み手も違えば、生活スタイルも違い、また建設する場所によっても異なります。戸建て住宅を中心にその住まい手にあった空間づくりと、日本の風土、その立地条件、周辺環境から、居心地の良い空間づくりについて研究しています。
My specialty is housing planning.
Even if you say a house in a word, it depends on the resident, the lifestyle, and the place where you build it. We are researching how to create a space that suits the resident of a detached house, and how to create a comfortable space based on the Japanese climate, its location, and the surrounding environment.

研究テーマ(Research theme)

・自然環境、空間デザイン、多方面から考えた居心地の良い空間づくりの研究。
・多様化する社会問題から考える住空間のあり方の研究。

・ Research on creating a cozy space from various perspectives, including the natural environment and space design.
・ Research on the ideal way of living space from the viewpoint of diversifying social issues.

研究実績一覧(Research Publications)

論文・資料作品等(Papers Material works)

表題単・
共著
刊行概要(共著者名)関連授業科目
「各務原市鵜沼南町空き家リノベーション工事の成果と課題」,

The outcomes and issues on the renovation work of the vacant house
In Unuma-Minamimachi, Kakamigahara City
共著

Co-auther
岐阜女子大学紀要第50号,岐阜女子大学,令和3年2月 岐阜県各務原市は、深刻化する空き家の増加と人口減少に対応するため、若い世代の移住・定住を促進する事業の1つとして、「借主負担DIY型空き家 リノベーション事業」を進めている。2018年度に引き続き、この事業に住居学専攻の学生がリノベーションデザインを提案し、改修工事にも参加する機会を得た。空き家リノベーション事業の企画・設計から改修工事までのプロセスと今回新たに作成に取り組んだDIYでリノベーション工事を行う際に参考にできるデジタルコンテンツの概要について紹介するとともに、この事業の教育的側面並びに運営的側面での成果と課題について取りまとめたものである。(共著者:大崎友記子・黒見敏丈)

Kakamigahara City, Gifu Prefecture, is promoting a "borrower-paid DIY-type vacant house renovation project" as one of the projects to promote the migration and settlement of younger generations in order to respond to the increasing number of vacant houses and the declining population. Continuing from 2018, students majoring in housing studies proposed a renovation design for this project and had the opportunity to participate in renovation work. This paper introduces the process from planning and design of the vacant house renovation project to renovation work, introduces the outline of the newly created digital contents useful for DIY, and the educational and operational aspects of this project. It is a summary of the issues.
特別プロジェクト実習

Special Project
実習棟リノベーション工事

Training building renovation work in 2019,
共著

Co-auther
岐阜女子大学衣食住生活研究・活動レポート-第5号-,岐阜女子大学衣食住生活研究センター,令和2年12月,pp28-29,

Dec.2020,Gifu Women's University
本稿は、特別プロジェクト実習で最初に建設した建物のリノベーション工事のデザインコンペから工事着手に至るプロセスについて報告したものである。(共著者:大崎友記子・黒見敏丈)

This paper reports on the process from the design competition for the renovation work of the building that was first constructed in the special project training to the start of the work.
特別プロジェクト実習

Special Project
根羽村森林組合との連携事業

Collaboration with Neba Village Forestry Association in 2019
共著

Co-auther
岐阜女子大学衣食住生活研究・活動レポート-第5号-,岐阜女子大学衣食住生活研究センター,令和2年12月,pp26-27

Dec.2020,Gifu Women's University
長野県根羽村森林組合との連携事業は2017年度から継続しており、本稿では、2020年3月に実施した家具制作研修及び根羽杉材を活用した学食再リフォーム(2019年3月、2020年3月)について報告するものである。(共著者:黒見敏丈)

The collaborative project with the Neba Village Forestry Association in Nagano Prefecture has been ongoing since 2017, and this paper reports on the furniture production training conducted in March 2020 and the renewal work of the student cafeteria using Neba cedar wood.
インテリアデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ、ファニチャーデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究

Interior Coordinator Special Seminar I ・ II,Furniture design Special Seminar I ・ II,Graduation Thesis Research
各務原市空き家リノベーション事業

Proposal Work on Renovation Design of Vacant Houses in Kakamigahara City in 2019
共著

Co-auther
岐阜女子大学衣食住生活研究・活動レポート-第5号-,岐阜女子大学衣食住生活研究センター,令和2年12月,pp22-25

Dec.2020,Gifu Women's University
各務原市では、2016年度より、深刻化する空き家の増加と人口減少に対応するために若い世帯の移住・定住を促進するため、産官学金の四者の連携協定を締結し、空き家のリノベーションを進めている。本稿は、建築・インテリアを学ぶ岐阜女子大学住居学専攻の学生の若い自由な発想に基づく空き家のリノベーションデザイン提案事業及び2018年度から新たに取り組んだ実際の空き家リノベーション工事の活動報告を行ったものである。(共著者:大崎友記子・黒見敏丈)

Kakamigahara City has been promoting the migration and resettlement of young households since 2016 in order to cope with the increasing number of vacant houses and population decline. As one of the measures, we have concluded a four-party cooperation agreement between industry, government and academia, and are promoting renovation of unoccupied houses. This paper reports on the activity of the renovation design proposal project based on the young free ideas of our students and the second participation project in the renovation work for a vacant house in 2019.
インテリアデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究

Interior Coordinator Special Seminar I ・ II,Graduation Thesis Research
実習系科目における遠隔教育の実践と課題

Practice and problems of remote education in practical training subjects
共著

Co-auther
岐阜女子大学文化情報研究誌Vol.22 No.1,岐阜女子大学文化情報研究センター,(令和2年10月)

岐阜女子大学文化情報研究誌Vol.19 No.1(平成29年7月)pp56-58
本稿では、住居学専攻の実習系科目のうち1年生から4年生までの主要な科目をとりあげ、それぞれの実習系科目での遠隔教育の具体的な実践状況とそこから見えてきた実習系科目における遠隔教育の有効性と今後の課題について報告している。サイボウズやzoomなどそれぞれの遠隔教育の手段の特性をよく理解して活用することにより、教育効果の高い遠隔教育が可能となることが分かった。一方今後の課題として学生の受講環境のバラつきをなくすことなどが浮かび上がった。(共著者:大崎友記子・黒見敏丈・冨士覇王)

In this paper, we will take up the main subjects from the 1st grade to the 4th grade among the practical training subjects of Major in Housing and Design, and in the specific practical situation of distance education in each practical training subject and the practical training subjects that can be seen from it. It reports on the effectiveness of distance learning and future issues. It was found that distance education with a high educational effect is possible by understanding and utilizing the characteristics of each distance education means such as Cybozu and zoom. On the other hand, as a future task, it became clear to eliminate the variation in the student attendance environment.
基礎製図,設計論・製図Ⅱ,デザインワークショップ演習,設計論・製図Ⅳ,インテリアデザイン論・実習Ⅰ,卒業研究

Basic Drafting & Drawing,Architectural Design and Drafting I ,Design workshop exercise,Architectural Design and Drafting IV,Interior Coordinator Special Seminar I ・ II,Graduation Thesis Research
文部科学省私立大学研究ブランディング事業「地域資源デジタルアーカイブによる知の拠点形成のための基盤整備事業成果報告書 2019 Vol.Ⅳ No.1」『各務原市空き家リノベーション事業』

Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Private University Research Branding Project "Achievement Report of Infrastructure Development Project for Forming Knowledge Bases by Regional Resource Digital Archives Resources 2019 Vol.Ⅳ No.1" "Kakamigahara City Unoccupied House Renovation Project"
共著

Co-auther
岐阜女子大学家政学部生活科学科住居学専攻,令和2年2月

Gifu Women's University
本報告書は、文部科学省私立大学研究ブランディング事業に採択されている「地域資源デジタルアーカイブによる知の拠点形成のための基盤整備事業」の一環として実施した各務原市における空き家のリノベーションのデザイン提案と改修工事について、そのプロセスと成果を詳細に記録したものである。(共著者:大崎友記子)

This report is a design proposal for the renovation of vacant houses in Kakamigahara City, which was implemented as part of the "Foundation Development Project for the Formation of Knowledge Bases by Regional Resource Digital Archives" adopted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology's Private University Research Branding Project. It is a detailed record of the process and results of the renovation work.
インテリアデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ,卒業研究,特別プロジェクト実習

Interior Design Theory & Practicum I・II,Graduation Thesis Research,Special Project Practicum
各務原市蘇原青雲町空き家リノベーション工事の成果と課題

The outcomes and issues on the renovation work of the vacant house in Sohara-Seiuncho, Kakamigahara City
共著

Co-auther
岐阜女子大学紀要第49号,岐阜女子大学,令和2年2月

Gifu Women's University
各務原市は、空き家の増加と人口減少に対応するため、若い世代の移住・定住を促進する事業の一つとして、「借主負担DIY型空き家リノベーション事業」を進めている。その事業の一環として、学生がデザイン提案し、改修工事にも参画する機会を得た。本稿は、本事業の企画・設計から改修工事までのプロセスを紹介するとともに、本事業の教育的側面並びに運営的側面での成果と課題について取りまとめたものである。(共著者:黒見敏丈・大崎友記子)

Kakamigahara City, Gifu Prefecture, is promoting a "vacant house renovation project with DIY by borrowers" as one of the projects to promote the migration and settlement of the young generation in order to cope with the growing number of vacant houses and the declining population. As a part of this project, our students proposed a renovation design and had the opportunity to participate in renovation work. This paper introduces the process from the planning and design of the project to the renovation work, and summarizes the results and issues of the educational and management aspects of the project.
インテリアデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ,特別プロジェクト実習

Interior Design Theory & Practicum I・II,Special Project Practicum
各務原市空家リノベーション事業

Proposal Work on Renovation Design of Vacant Houses in Kakamigahara City
共著

Co-auther
岐阜女子大学衣食住生活研究・活動レポート-第4号-,岐阜女子大学衣食住生活研究センター,令和元年11月,pp19-22 各務原市では、2016年度より、深刻化する空き家の増加と人口減少に対応するために若い世帯の移住・定住を促進するため、産官学金の四者の連携協定を締結し、空き家のリノベーションを進めている。本稿は、建築・インテリアを学ぶ岐阜女子大学住居学専攻の学生の若い自由な発想に基づく空き家のリノベーションデザイン提案事業及び2018年度から新たに取り組んだ実際の空き家リノベーション工事の活動報告を行ったものである。(共著者:黒見敏丈・大崎友記子)

Kakamigahara City has been promoting the migration and resettlement of young households since 2016 in order to cope with the increasing number of vacant houses and population decline. As one of the measures, we have concluded a four-party cooperation agreement between industry, government and academia, and are promoting renovation of unoccupied houses. This paper reports on the activity of the renovation design proposal project and the paticipation project in the renovation work for a vacant house based on the young free ideas of our students in 2018.
インテリアデザイン論・実習Ⅰ・Ⅱ,卒業研究,特別プロジェクト実習

Interior Design Theory & Practicum I・II,Graduation Thesis Research,Special Project Practicum
ティーチングポートフォリオを用いた授業の改善と教育の質の向上 共著

Co-auther
岐阜女子大学カリキュラム開発研究Vol.4 No.1(平成31年)pp15‐24

Gifu Women's University Curriculum Development Vol.4
活動の充実と質の保証を求めた学びを追求すべく、本学では教員がティーチングポートフォリオを導入し、授業準備、授業内容、評価、改善に努めている。導入したことで、教員はティーチングポートフォリオの効果を実感していることが分かった。(共著者:笠井恵里・高橋正司・黒見敏丈・齋藤陽子・瀬戸敦子・山川結加・谷里佐・櫟彩見)

A teacher found out that a teaching portfolio prepares, catches with tuition and something useful for evaluation and improvement and realizes the effect of the teaching portfolio.
山県市空家等リノベーションデザイン提案プロジェクト報告書

Proposal work on renovation design of vacant houses in Yamagata city
共著

Co-auther
岐阜女子大学住居学専攻・文化創造学専攻プロジェクトチーム(平成30年3月)

Gifu Women's University
2016年度の「山県市空家等モデル改修提案プロジェクト」に引き続き、住居学専攻学生による空き家のリノベーションデザイン提案を行うとともに、空き家の流通促進のための空き家バンクポータルサイトのリニューアルデザインを文化創造学専攻の学生が提案した地域連携事業の取り組みを取りまとめた報告書である。
(共著者:大崎友記子・黒見敏丈・林知代)

This is a report on the continuation of the proposal work on renovation design of vacant houses in Yamagata City in 2016. A renovation design plan for four model vacant houses presented by Yamagata City was created and a renewal plan for a portal website that provides with information on vacant houses by students.
特別プロジェクト実習,応用演習Ⅱ

Special Project Practicum,Applied Studies Seminar II
四国山香りの森公園内改修等助言プロジェクト報告書

Adovisory work on renovation of Sikokuyama-kaori-no-mori Park
共著

Co-auther
岐阜女子大学住居学専攻プロジェクトチーム(平成29年11月)

Gifu Women's University
2016年度の「観光拠点等リノベーション提案プロジェクト」において改善整備の方向性のみの提案となっていた四国山香りの森公園について、学生と教員によるプロジェクトチームを組み、公園施設の具体的な改修案の提案を行った取り組みを報告書として取りまとめたものである。
(共著者:大崎友記子・黒見敏丈)

Based on the proposal for the direction of improvement and maintenance of Shikokuyama-kaori-no-mori Park implemented in 2016, in 2017 we created and proposed a concrete renovation plan for facility buildings such as cafe in the park and its surroundings. This is a report on activities.
特別プロジェクト実習

Special Project Practicum
災害時浴室棟建設プロジェクトの成果と課題

The outcomes and issues on the construction project of the bathroom to support shelter function in case of disaster
共著

Co-auther
岐阜女子大学紀要第47号,岐阜女子大学(平成29年10月)

Gifu Women's University
本稿は、特別プロジェクト実習の一環として平成27年から29年にかけて取り組んできた災害時浴室棟建設プロジェクトについて、建設の趣旨、経緯と経過について報告するとともに、このプロジェクトの教育的成果と今後のプロジェクトで活かすべき課題について取りまとめたものである。
(共著者:大崎友記子・黒見敏丈・高橋信行)

This is a report on the construction of the bathroom building at the time of disaster completed in June 2017 and activities for the completion ceremony in 2017. Specifically, it reports on each construction process, such as installation of a yard, painting, production and installation of detailed crops, and the process from the preparation to the operation of the completion ceremony.
特別プロジェクト実習

Special Project Practicum
手書きによる設計教育の設計実務における重要性

Importance of handwritten design education in design practice
単著

Single auther
岐阜女子大学文化情報研究誌Vol.19 No.1(平成29年7月)pp56-58

Gifu Women's University
大学における手描きによる建築設計教育の意義について、特に建築設計実務の中で果たす役割の観点から考察を行った。

We considered the significance of hand-painted architectural design education at universities, especially from the perspective of its role in architectural design practice.
基礎製図

Basic Drafting & Drawing
インテリアデザイン教育における画像・実物の視覚情報が果たす役割

The role of images and real visual information in interior design education
共著

Co-auther
岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所テクニカルレポートVol.3 No.1(平成29年6月)pp37-39

Gifu Women's University
大学のインテリアデザイン教育の中でも特にインテリアエレメントの特質を理解することにおいて、画像や実物の視覚情報が果たす役割について考察を行った。
(共著者:大崎友記子)

We considered the role of images and real visual information in understanding the characteristics of interior elements, especially in university interior design education.
インテリアデザイン論

Introduction to Interior Design
設計実務経験からみた木造軸組設計教育の重要性

Importance of wooden frame design education from the viewpoint of practical design experience
共著

Co-auther
岐阜女子大学カリキュラム開発研究2016 Vol.1 No.3(平成29年3月)pp91-93

Gifu Women's University
大学における木造軸組工法による設計教育の重要性と今後の教育カリキュラムの課題について、設計実務経験を踏まえて考察を行った。(共著者:黒見敏丈)

We considered the importance of design education by the wooden frame construction method at the university and the issues of the future education curriculum based on the practical experience of design.
設計・論製図Ⅰ

Architectural Design and Drafting

著書等(著書・テキスト)(Books Text)

表題単・
共著
刊行概要(共著者名)関連授業科目
専門基礎テキスト(2019年1月改訂版)住居学専攻 基礎演習Ⅰ・Ⅱ 共著 岐阜女子大学,平成31年1月 1年次開講の基礎演習Ⅰ・Ⅱで使用するテキスト。建築、インテリアの専門科目を学んでいく上で必要となる基礎的な知識、技術までを幅広く収録したテキストであり、2015年に改訂したテキストの内容をさらに一部変更した改訂版である。(共著者:大崎友記子・黒見敏丈・田中和子) 基礎演習Ⅰ・Ⅱ

Foundation Seminar I・II
資格取得ガイドブックⅢ 住居学専攻 インテリアコーディネーター2次試験、二級建築士2次試験 共著 岐阜女子大学,平成30年2月 資格取得ガイドブックⅠでは、インテリアコーディネーターと二級建築士の1次試験(学科試験)の合格を目指した資格の概要と問題演習の内容となっていたが、資格取得の一層の促進を目指し、2次試験対策のガイドブックとしてⅢを作成したものである。
(共著者:大崎友記子・黒見敏丈)
インテリアコーディネーター専門演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ,建築専門演習Ⅰ、Ⅱ

Interior Coordinator Special Seminar I・II・III,Building Construction Special Seminar I・II