資料請求

保育士、幼稚園教諭、小学校教諭

講義番号 43
講義テーマ 子どもの絵から子ども声を聞こう
講義内容

1歳児から6歳児までの子どもが描いた絵を紹介し、発達に応じて子どもの絵がどのように変化しているかを高校生に考えてもらいます。鑑賞を通して、子どもの絵から「うれしい」「こわい」など、いろいろな声が聞こえてきます。
保育の仕事は、子どもが見せてくれる様々な表現を受け止めてあげる仕事なのです。子どもの絵を鑑賞した後は身近なものを使って簡単にできる表現技法に挑戦してもらいます。

担当 初等教育学専攻 中島 法晃
ご用意頂く備品 はさみ、のり、セロハンテープ