資料請求

国語

講義番号 16
講義テーマ ハロウィンの/ハロウィーンの日に,くらげの/クラゲの/海月のお化けに仮装した!~日本語における表記法~
講義内容

漢字・平仮名・片仮名・ローマ字・句読点をはじめとする記号。日本語に用いられる文字の種類は実に多様です。私たちは,それらを使い分けて,日本語を表記していますが,ひとつひとつの言葉について,なぜそのように書くのか,必ずそのように書かなければならないのか,説明できる人は少ないはずです。例えば,「さくら」と書くのに,「さくら・サクラ・桜・sakura」といった表記が見られますが,私たちはどのように書き分けているのでしょうか。使い方の基準はあるのでしょうか。そして,それは正しい書き方と言えるのでしょうか。これらの問いについて,日本語表記の歴史をたどり,漢字を中心に,日本語における文字種の特質を明らかにしながら,一緒に答えを探していきます。

担当 文化創造学専攻 書道・国語専修 入江 さやか
ご用意頂く備品 プロジェクター・スクリーン【8月9月2月3月限定の講座】