資料請求

新着情報

デジタルアーカイブ in 高山 ~ 飛騨高山匠の技とこころ ~

私立大学研究ブランディング事業

日 時:平成30年2月4日(日)13:30~17:00

会 場:飛騨・世界生活文化センター・ミニシアター

主 催:岐阜女子大学

後 援:高山市・高山市教育委員会  ・ 飛騨・世界生活文化センター(予定)

対 象:社会人・学生

受講料:無 料


飛騨高山匠の技の歴史は古く、古代の律令制度下では、匠丁(木工技術者)として徴用され、
多くの神社仏閣の建立に関わり、平城京・平安京の造営においても活躍したと伝えられています。
「デジタルアーカイブ in 高山 ~飛騨高山匠の技とこころ~」では、
飛騨国の誇るクリエーター集団「飛騨高山匠」をテーマに、その伝承について、
郷土史研究、デジタルアーカイブ、産業界、それぞれの立場からのアプローチで紐解きます。
また、新たな知を創造する「知的創造サイクル」を応用した、
飛騨高山匠の技に関する総合的なデジタルアーカイブをご紹介いたします。

プログラム
13:30~13:40 ご挨拶  高山市長(予定)
13:40~14:40 基調講演「飛騨高山匠の技とこころ」
  田中 彰(高山市市史編纂専門委員)
14:40~15:10 飛騨高山匠の技デジタルアーカイブについて
  久世 均(岐阜女子大学)
15:20~15:50 飛騨の匠 ~止利仏師生誕の地~
  安達 康重(郷土史家)
15:50~16:30 飛騨匠の技・こころと現在
  岡田  贊三(飛騨産業株式会社)
16:30~17:00 飛騨高山匠の技ミュージアム見学(無料)
お申込み