資料請求

新着情報

基礎工事3-コンクリート打ち

201512281.jpg

皆さん、こんにちは。

12月17日、 基礎のコンクリート打ちを行いました。


基礎は建物を支える大切な部分、しっかりとした基礎となるよう、気合を入れてコンクリート打ちにのぞみました\(^▽^)/

201512282.jpg 201512285.jpg

型枠にコンクリートを流し込む前に、鉄筋のかぶり厚があるか、型枠内にゴミが落ちていないかを確認しました。

黄色いキャップをかぶっている鉄筋はアンカーボルトといって、基礎の上に据え付ける土台を基礎と緊結するものです。前もって基礎の中に入れて、一緒にコンクリートを打ちます。

201512283.jpg 201512284.jpg
コンクリートを型枠の中に隙間なく行き渡るように、また気泡を除去し骨材が均等になるように、バイブレーターで振動を与えます。これで、強度の強いコンクリートが出来ますo(^▽^)o。 基礎の天端をコテでならし、同じ高さになっているか、レベルで確認していきます。ただコンクリートを流し込むだけではなく、様々な手順やチェックが必要なことがわかりましたφ(・_・")!