資料請求

新着情報

災害時浴室棟の地鎮祭を行ないました!

201510301.jpg

 10月29日(木)、特別プロジェクト実習で取り組んでいる、災害時浴室棟(五右衛門)の地鎮祭を行ないました。
 ほとんどの学生が、初めての地鎮祭を体験するということで、祭儀の意義や式典における作法などを学ぶ、良い機会となりました。 \(*^▽^*)/

※地鎮祭とは、建物を建てる時に、その土地の神を鎮め、工事の無事と建物の安全や繁栄を祈る儀式です。

201510302.jpg 201510304.jpg
 式典の準備や司会も、3年生が中心となって行ない、地元三輪神社の宮司さんによって、いよいよ式が始まりました。  理事長先生をはじめ、学長先生、大学関係者の方も参加して下さり、地鎮之儀では、学生代表も穿初(うがちぞめ)の儀を行いました。
201510307.jpg 201510303.jpg
 施主として、理事長先生の玉串奉奠(たまぐしほうてん)。  設計者代表として、学生も玉串奉奠を行い、参列した学生も一緒に拝礼しました。
201510308.jpg 201510306.jpg
 地鎮祭の式典が終わり直会では、理事長先生から、今回建設する浴室棟の意義について、改めてお話をいただきました。  その後学生リーダーが、他大学ではなかなか体験出来ない建設実習工事に対する感謝の気持ちを伝えました。
 これから約2年間の建設工事がはじまります。授業で学んだ知識を、実習体験を通じてさらに広げ、理解を深めていきたいと思います 。b(⌒o⌒)d