資料請求

新着情報

屋根工事~災害時浴室棟~

201602241.jpg

皆さん、こんにちは。

後期試験も終わり、今年度最後の作業となる屋根工事を行ないました。

屋根工事が終われば、どんなに雨が降っても大丈夫!
新年度が始まる4月からは、建具、外壁工事に取り掛かります v(^o^)v

201602243.jpg AA.jpg201602244.jpg
けらば部分の水切をつくっています。ガルバリウム鋼板を必要な巾に加工するため、硬い鋼板を切断するのですが、おもいのほか力が必要です・・・・・(;^_^A けらばとは、切妻屋根の妻側(棟の両端部)の端部のこと。ここに、加工した水切をビスで取り付けていきます。
201602242.jpg 201602241.jpg
軒先部分にも水切をつけ、ビス止めします。屋根材はガルバリウム鋼板です。他種の屋根材より軽量で、メンテナンスが不要といわれています。 水切の上に防水シートを重ね、軒先から順番にガルバリウム鋼板を一文字加工したものを、はぜ継ぎして、葺いていきます。
20160224A.jpg 201602246.jpg
赤い丸の部分を「はぜ」といいます。金属板の端を折り曲げ、引っ掛け合わせて2枚の板を継ぐことを「はぜ継ぎ」といいます。 けらば部分では、屋根面からはみ出た屋根材を切り、掴みといわれる大きなペンチ?で鋼板を折り曲げ、水が入らないように加工します。
201602251.jpg

私たち学生の作業だけでは終わらず、最後は職人さんにお手伝いをしていただき、屋根が完成しました。

今までに、基礎の型枠をつくる型枠大工さん、鉄筋を加工する職人さん、コンクリートを打設する職人さん、金属加工をする板金職人さんなど、すでに多くの専門職の方から、施工に関するさまざまなことを教えていただきました。 φ(゚▽゚*)♪

体をつかって作業をすることで、より理解力がついた気がします。4月からも、建設作業を頑張りますb(⌒o⌒)d !