資料請求

新着情報

衣食住生活研究センターの設立

岐阜女子大学家政学部内に衣食住生活研究センターが設立されました。
設立の目的は、新しい家政学を実践し、家庭生活からより広い生活環境全般における総合的な生活科学を研究することです。これによって個人、家族、コミュニティにおける生活がより快適で幸福なものになることを目ざします。
衣食住生活研究センターは4つ研究部門からなり、衣生活に関する研究部門は生活科学科生活科学専攻、食生活に関する研究部門は健康栄養学科、住生活に関する研究部門は生活科学科住居学専攻がそれぞれ担当します。所属する教員は、各学科・専攻の特色を生かして教育・研究を実践します。また、総合的な「衣食住」生活に関する研究部門は、各部門の教員が連携・協働して取り組みを行っていきます。