資料請求

新着情報

4年間の学修の集大成~卒業論文発表会をおこないました

2月13・14日の両日にわたり、卒業論文発表会が行われました。

大学における学修の集大成として全4年生がテーマをもって研究に取り組んできた、

その成果を先生方、1~3年生の後輩、そして同学年の仲間を前に、

発表・質疑応答あわせて一人15分間にわたって発表するという晴れ舞台です。

「幼児期における音痴に関する研究」「外見が印象を与える影響」

「小学校の授業における黒板の機能と教育効果」............

3年時に「基礎演習」「応用演習」という授業で、研究の基礎的な内容を学び、

それを踏まえて各自がテーマを設定して、自分なりの研究を積み重ねてきた成果を、

一人一人が工夫して作成したプレゼンを提示しながら、堂々と発表してくれました。

さあ、これでいよいよ「教えられる側」が終了し、自ら社会に貢献する立場に。

初等のメンバーは大半が「教える側」に。夢の実現が目の前に近付いてきました。

soturon.jpg