教育方針・3ポリシー

家政学部 教育方針・3ポリシー

家政学部 健康栄養学科

アドミッションポリシー

岐阜女子大学の教育方針を理解した次のような人を求めています。

  • 健康と食べ物の関係への興味と科学的な探求心を持つ方
  • 食べ物を通して社会に貢献する仕事に関心のある方
  • 本学の学習や社会での活動の基盤として必要とされる科学の考え方に関係する数学、理科を、学習しておくことが望ましい。
カリキュラムポリシー

健康栄養学科では、人の一生の段階ごとの食習慣を確立することで、健康状態の維持と健康増進を導くことができる管理栄養士の養成を目指して、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 管理栄養士として、さまざまな状況に応じた予防指導を行うために、子どもから老人までのいろいろな「健康な身体」と、「疾病状態」を熟知する必要があります。専門科目を「給食の管理」、「疾病時の栄養管理」、「栄養のケアマネジメント」の分野を 3つの大きなコアとして、教育カリキュラムの柱としています。
  2. コア科目を中心に、基礎科目と実践形実習を配置し、科学的な能力を持って社会で活躍できる人材を育てることを目標にしています。
  3. 管理栄養士に必要な能力を 基礎学力から実践力までの総合力として養成するために、実験・実習を配置し、臨地実習(病院・学校・老人福祉施設・保健所などの学外実習)やフードマネージメント演習・実習で専門的知識と技能との統合を測ります。
人格形成
  1. コア・カリキュラムの3分野科目の学修が、ディプロマポリシーの人物像形成になります。
学生支援
  1. アドバイザーが学生の自主性を促進しながら科目学修を手助けする体制を整備します。
ディプロマポリシー

次の能力を有することを重視し、所定の単位を修めた学生に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 管理栄養士として、適切な態度、倫理観、コミュニケーション能力を備えている。
  2. 管理栄養士として、健康状態の指導・教育がおこなえる専門知識と技術・展開能力を発揮できる。
  3. 岐阜女子大学の建学の精神、教育方針を理解し、学修の成果を活かし社会に貢献できる能力を有している。

生活科学科 生活科学専攻

アドミッションポリシー

岐阜女子大学の建学の精神と教育目標を理解し、日常生活をめぐる様々な課題に関心を持ち、本学での学修を通して高い専門性を身に付け、家庭科教育を通じて社会に貢献できる人を求めています。

カリキュラムポリシー

家庭科は実践的・経験的に伝えていく教科であるため、被服実習、調理実習といった実習面に強い、実践力の高い家庭科教員を養成するための以下のカリキュラムを編成しています。特に被服実習科目の充実を図り、洋裁・和裁の縫う技術を高めることができるように科目を設定しています。

学修・研究
  1. 生活に必要な被服の知識を身に付け、洋服実習・和服実習を通して縫う技能を学修し、豊かな衣生活を創造する実践力を養うことを目標とします。そして、家庭科教員として専門高校でも対応できる技術力を身に付けます。
人格形成
  1. 実習を通して自己を知り、友人との対人関係を調整する能力を身に付けるとともに、社会人としてのマナーや教養を身に付けます。
学生支援
  1. アドバイザーを中心として専攻教員全体でサポート体制を築き、家庭科教員採用試験に合格するためのカリキュラムや対策講座を実施します。
ディプロマポリシー

以下のような能力を有することを重視し、所定の単位を修めた学生に対して学位を授与します。

  1. 和裁・洋裁の縫う高い技術を身に付け、家庭科教員として実習指導ができる。
  2. 衣・食・住に関する知識や技術を活用し、豊かな生活を工夫し創造することができる。
  3. 家族に関する知識や技術を活用し、円滑な対人関係を築き、人と適切に接する能力を有する。
  4. 消費生活・環境に関する知識や技術を活用し、生活上の課題や問題に対処することができる。
  5. これらの能力を多方面的に活用し、家庭科教育を通じて社会へ貢献することができる。

生活科学科 住居学専攻

アドミッションポリシー

本学の教育目標を理解し、使いやすく安全かつ快適な建築・インテリアをデザインするための知識・技術を実践的に身につけ、建築・インテリアのスペシャリストとして社会に貢献したいという意欲のある人を求めています。

カリキュラムポリシー

住居学専攻では、使う人が満足できる建築・インテリアをデザインするための計画力、設計・作図能力、コミュニケーション能力、法規・構造・施工等に関する知識を実践的に育むために、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 建築・インテリアをデザインするための基礎を学んだうえで、建築・インテリアの2コースでより実践的な課題に対応できる知識・技術を養成します。
  2. 初年次から配当される演習、実習、集中講座等を通じて、実社会で貢献できる設計・作図能力、ITスキル、コミュニケーション能力を養成します。
  3. 実際の建物等を企画・設計・施工する実習、国内外研修や各種行事を通じて実社会で必要な自主性、協調性、実行力、マナー等を養成します。
  4. 初年次には、専門科目の履修に必要な高等学校までの基礎学力を補完するための科目を用意しています。
  5. 実社会で必要な資格取得を支援する専門演習を用意しています。
人格形成
  1. 実習、演習等を通してコミュニケーション能力の醸成、人格形成の向上に努めます。
学生支援
  1. クラスアドバイザー面談を年3回行い、自主性の醸成、学修支援体制を充実に努めます。
ディプロマポリシー

所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認定して学位を授与します。

  1. 建築・インテリアに関する幅広い知識・技術を修得し、それらを活用してデザインとしてまとめ、提案する能力を有している。
  2. 建築・インテリアのデザインに必要なコミュニケーション能力と社会人に必要な基礎的素養を有している。
  3. 使う人が満足できる建築・インテリアをデザインするために、常に新しい知識・技術の修得に努める強い意志を有している。

文化創造学部 教育方針・3ポリシー

文化創造学部 初等教育学専攻(子ども発達専修・学校教育専修)

アドミッション・ポリシー

岐阜女子大学の教育方針にもとづき、次のような人を求めています。

  1. 子どもとの関わりが好きで、幼児期の子どもの成長発達に深くか関わりたいと考える人
  2. 教師への憧れを強くもち、児童を教育していることに熱情を持っている人
  3. 仲間と力を出し合って共に成長していく仕事がしたいと思っている人

教育職に携わっていくために、どんな人にも自分から話しかけていくコミュニケーション力や読み書きの基礎学力を高めることに取り組んでください。

カリキュラム・ポリシー

初等教育学専攻では、幼児期から学童期の子供の心身の成長発達に携わる保育士・教員を養成することを目指し、以下のカリキュラムの編成をしています。

学修・研究
  1. 「幼児期の保育・教育」「小学校の教育」と二つのコースでカリキュラムを構成し、相互の関連を図って、0歳から12歳までの子どもの教育に対応していくカリキュラム内容にしています。
  2. 教職理論の習得と学校現場体験の双方から学び取り実践力のある人材育成が必要であり、「理論学習」「指導法学習」「現場実習学習」の3つの分野から、相互関連学習ができるようにカリキュラムを組んでいます。
  3. 教育現場での対応力の養成のために、1年次から4年次を通す体験活動を組み込んでいます。
人格形成
  1. 保育・教育の本質を追及したり、互いに高まり合う力を持つ集団の一員になっていくことを求めたりすることができる、集団学修、集団体験を多く組み込んでいます。
学生支援
  1. 「音楽技能向上」「実力鍛錬講座」「就職対策講座」など、自主的な学習ができるように講座の時間を設けて、また個人指導にも支援しています。
ディプロマ・ポリシー
  1. 幼児期から児童期にかけての教育に対して、見通しをもった教育実践の力を有している。
  2. 教育人として人間性・社会性に優れ、教育への情熱を有している。
  3. 理論と実践との往還により、自己向上に励み社会に貢献できる力を有している。

文化創造学部 文化創造学専攻 書道・国語専修

アドミッション・ポリシー

岐阜女子大学の教育方針を理解し、書道文化、日本語・日本文化に深い関心を持ち、書写・道および国語教育の専門性を高め、教育者になろうとする人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

書道・国語専修では、中学校の「書写」、高等学校の「芸術科書道」の教員や、中学校・高等学校の「国語」教員を育成するために、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 書道教育コースでは、基礎・基本を大切に「基本点画」から学び、その後の臨書学習を経て「実技力」を高め、書道概論・書道史・書論等の科目で「理論面」を補強し、実践的指導力を身につけるため書写教育・書道科教育法等を開設しています。さらに芸術としての「書」の可能性も追究していきます。
  2. 国語教育コースでは、日本語学・日本文学・東洋古典学(漢文)の3分野について、多様な科目を開設し、日本の言語文化を幅広く学ぶとともに、実践的指導力を身につけるために、国語科教育法や教材論、評価法などの科目を開設しています。
人格形成
  1. 書道教育コースでは、放課後の作品制作だけではなく、夏期休暇には2泊3日の錬成会を実施し、行事への企画力・協調性とともに制作時の集中力を身につけます。
  2. 両コースでは、学生同士の相互支援の中で進める協働学習を通して、自主性や協調性を養います。
  3. 両コースでは、国内・海外での研修旅行を実施し、見聞を広めます。
学生支援
  1. 教員採用試験の対策講座(両コース)や文部科学省後援毛筆・硬筆書写検定試験の対策講座(書道教育コース)、日本語教育能力検定試験(国語教育コース)を開設し、資格取得を支援します。
ディプロマ・ポリシー

次の能力を有することを重視し、所定の単位を修めた学生に卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 書道教育コースでは、「書」を総括的に理解・修得するとともに、練度の高い技能で多様な作品づくりができ、その文化を継承し発展させることができる。
  2. 国語教育コースでは、日本の言語文化に関する高度な知識を有し、それを次世代に伝えることができる。
  3. 書道文化、日本語・日本文化を通して、ボランティア活動・国際交流に努め、社会に貢献できる。  
  4. 岐阜女子大学の建学の精神、教育方針を理解し、学修の成果を活かし社会に貢献できる能力を有している。                

文化創造学部 文化創造学専攻 観光専修

アドミッション・ポリシー

岐阜女子大学の教育方針を理解し、日本や世界の文化に興味を持ち、観光に関する専門的な知識を深め、また、英語のコミュニケーション能力を向上させ、観光産業や教育の世界で活躍したいという人を求めます。  

カリキュラム・ポリシー
学修・研究

観光専修では、以下のようなカリキュラムを編成しています。

  1. ホテルマネージメントコース・観光ビジネスコースでは、それぞれ、ホテルマネージメントと旅行業務に精通した観光スペシャリストの育成をするカリキュラムを編成しています。
  2. 英語教育コースでは、国際社会で通用するグローバルな視野を持った英語教員の育成するカリキュラムを編成しています。
人格形成
  1. ホテルマネージメントコース・観光ビジネスコースでは、女性らしいホスピタリティを身につけた人格形成をします。 
  2. 英語教育コースでは、英語に関する高度な専門性とコミュニケーション能力を備えた教員を育成します。
学生支援
  1. 各学年のアドバイザーが連携して学生の指導を行っていきます。
ディプロマ・ポリシー
  1. 体系的に学科目を取得し、観光または英語教育のスペシャリストとして活躍するのに十分な知識・技能を取得している。
  2. 観光産業で特に重視されているホスピタリティ・マインドを身につけ、将来、観光業界で、それを十分発揮できる可能性を有する。                                               
  3. 日本や諸外国の文化を理解し、その知識を観光業や英語教育の分野に発信できる力を持っている。                                          

文化創造学部 文化創造学専攻 アーカイブ専修

アドミッション・ポリシー

岐阜女子大学の教育目標を理解し、文化や歴史に関する知識・技術を実践的に身につけ、情報社会に貢献できる専門職として社会に貢献したいという意欲のある人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

アーカイブ専修では、文化に関する知識を身につけた上で、それらをデジタル化して記録・保存・管理し、知的財産(著作)権やプライバシー保護などの理論に留意し、文化を創造・発信する能力を持ち、情報社会に貢献できる専門職を実践的に育むために、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 高度な図書館司書や博物館学芸員の養成を目指して、「従来の図書館司書や学芸員能力とデジタルアーキビスト能力の両方を取得し、情報社会に対応した高度な図書館司書・博物館学芸員」を育成します。
人格形成
  1. フィールドワークを積極的に取り入れた体験的な学習を行うとともに、人間的な触れ合いを深め、自主性や協調性、奉仕の精神を育成します。
  2. 本学と地域が協働して課題に取り組み、学生が専門知識を活かしてコミュニティ・サービスを行う場を用意することにより、学習内容を定着させ、現代的な課題に主体的に取り組む姿勢と問題解決力を育成します。
  3. 海外を始め国内デジタルアーカイブの開発を通じて、より実践的な能力を高めると共に、グローバル社会に対応した実践的な行動力を育成します。
学生支援
  1. 学年を横断して実践的なデジタルアーキビストとしての実践科目として、「特別プロジェクト」「図書館活動演習」「海外デジタルアーカイブ研修」を配置しています。これらの科目により、講義や実習の授業で学んだ知識・技能を社会での適用を考えアーカイブや図書館並びにグローバル化に関する実践的な適応能力を育成します。    
ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修め、次の能力を備えた学生に卒業を認定して学位を授与します。

  1. デジタルアーカイブに関する幅広知識・技術を修得し、それらを活用して知的財産(著作)権やプライバシー保護などの倫理に留意し文化を創造・発信する能力を有している。
  2. デジタルアーキビストに必要なコミュニケーション能力と社会に必要な基礎的要素を有している。
  3. 文化を創造・発信するために、常に新しい知識・技術の習得に努める強い意志を有している。

文化創造学部 沖縄サテライト校 (編入生)

アドミッション・ポリシー

岐阜女子大学の教育方針を理解し、教育者としての知性、感性を高め続けることにより、深い人間性と実践力を身に付け、幼稚園、小学校、企業等の現場に対応できる力を備えた人を求めます。

カリキュラム・ポリシー

沖縄サテライト校では、一人ひとりの学修に配慮し、社会人としての基礎力、実践力を育成するキャリア教育と専門的分野の知識・理解のある人を育成するために、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 体系的に配置されたカリキュラムにより、小学校、幼稚園の教員免許状の取得に必要な科目を履修します。
  2. 学校現場での勤務経験と大学の学修との関連を大切にし、理論と実践的な能力の向上を図ります。
  3. 幅広い多様な知識・技能を身に付けるため、教員免許以外に、学校図書館司書教諭などの免許や資格を取得し、より専門性の高い人材を育成します。
人格形成
  1. 自己理解を深め、現場で専門的な力量を発揮し、自主性や協調性、奉仕の心などの社会に貢献できる資質を育み、社会を生き抜く力を身につけた人材を育成します。
学生支援
  1. 沖縄サテライト校に、学生支援室を設け、進路相談や学修相談など一人ひとりに適切な指導・助言を行います。
ディプロマ・ポリシー

次の能力を有することを重視し、所定の単位を修めた学生に卒業を認定し学位を授与します。

  1. 小学校、幼稚園の教育内容や、保育内容、図書館、デジタルアーカイブ等に関する的確な知識と技能を持ち、創造的に実践する力を有している。
  2. 現在の教育課題を把握し、分析・判断する力と解決しようとする意欲を持ち、社会や教育支援に貢献できる行動力を有している。
  3. 岐阜女子大学の建学の精神、教育方針を理解し、学修の成果を活かし社会に貢献できる能力を有している。

大学院 教育方針・3ポリシー

生活科学研究科

アドミッション・ポリシー

大学院生活科学研究科は、生活科学分野と応用栄養学分野に分かれています。
生活科学分野では、より高度な知識や技能を有する家庭科教員の養成を主要な目的としており、家庭科の専修免許状を取得できます。
応用栄養学分野では、EBNに基づいた栄養研究を通じて、管理栄養士として、研究能力の向上及び高度な専門知識や実践力、コミュニケーション力の育成などに努めています。
岐阜女子大学の教育方針を理解し、衣生活や住生活、食べ物と健康との関係などに係る諸問題を把握し解決できる能力や地域における衣食住を中心とした問題解決に取り組むことができる能力をもった人材育成、又は高度な専門知識を有する人材の養成を目的として、次のような素養を備えている人を求めます。

  1. 大学院での学修・研究に必要な基礎的専門知識・技能を備えている人
  2. 衣生活、住生活に関する諸問題の解決に意欲を持っている人、又は食べ物と健康との関係について関心を持っている人
  3. 地域社会における衣食住に関する諸問題の解決に貢献する志のある人
  4. 知的好奇心にあふれ、自主的な研究を行う意欲を持っている人
カリキュラム・ポリシー

生活科学研究科では、大きく変化する社会環境に合わせ衣生活や住生活などの質の向上を図る生活科学分野と、食べ物と健康とのかかわりを探求する応用栄養学分野に分け、衣服、住居、栄養・食品、生活スタイルなどについて「健康・安全」、「快適・利便」、「ゆとり・豊かさ」、「自己表現」などの視点から、生活や健康の質の向上を追求する人材の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 生活科学研究科では、生活科学分野と応用栄養学分野に分け、その教育課程は、生活科学研究の基礎として両分野の共通的な授業内容を研究科必須授業科目として置きます。
  2. 生活科学分野は、主として高度な専門知識を有する家庭科教員の養成を図るため、家庭科教材の開発や実践的な食育などについての学修・研究を推進します。
  3. 応用栄養学分野は、EBNに基づいた栄養研究を通じて、管理栄養士としての実践力の向上についての学修・研究を推進します。
人格形成
  1. 知的、道徳的、応用的能力を持ち、専門職として社会に貢献できる人材を育成します。
  2. 衣生活、住生活に関する問題把握及びその解決に積極的に取り組む意欲を持つ人材を育成します。
  3. EBNの重要性を認識し、食生活に起因する疾病の予防に積極的に取り組む意欲を持った人材を育成します。
学生支援
  1. 入学時点で指導教員を決め、履修指導及び研究指導を行います。
  2. 社会人向けには、土・日曜日等の授業を柔軟かつ効率的に行うよう配慮し、授業又は研究指導を行います。
ディプロマ・ポリシー

次の能力を有することを重視し、所定の単位を修めた学生に修了を認定し、学位を授与します。

  1. 衣生活や住生活、あるいは食べ物と健康との関係について幅広い知識を持ち、衣生活や住生活の改善、食生活を通じた健康の増進や疾病の予防に寄与できる高度な専門性を有している。
  2. 知的好奇心にあふれ自主的な研究活動を行うための、知的、道徳的、応用的能力を身につけている。
  3. 家庭科教員を目指す人材については、専門的な知識に基づく教材の研究及び開発、児童や生徒理解に基づく教育実践を展開し、その実践を分析・評価し改善に活かす能力を身につけている。
  4. 岐阜女子大学の建学の精神、教育方針を理解し、学修の成果を活かし社会に貢献できる能力を有している。

文化創造学研究科 (通信制含)

アドミッション・ポリシー

文化創造学研究科の教育方針を理解し、文化の伝承と創造に寄与し、地域社会の発展に貢献するとともに、次世代を育てる実践的な教育活動を行える人材を育成することを目的としています。

  1. 大学院での学修・研究に必要な基礎的専門知識・技能を備えている人
  2. 文化の伝承と創造に関し意欲を持っている人
  3. 知的好奇心にあふれ、自主的な研究を行う意欲を持っている人
  4. 地域社会の発展に貢献する志のある人
カリキュラム・ポリシー

文化創造学研究科では、文化の伝承と創造に寄与する、研究力・技術と多様化する現代の諸課題に対応できる実践力を備えた人材の育成を目的として、以下のカリキュラムを編成しています。

学修・研究
  1. 文化創造学専攻は、文化の伝承と創造に関して文化・文学・言語・メディア表現・コミュニケーションというキーワードで示される分野についての保存・活用・創造の各分野に関する、学修・研究を推進します。
  2. 初等教育学専攻は、文化の伝承と創造に関して教育方法・教育実践・教材開発・学力向上・教育心理・学校経営というキーワードで示される分野についての基となる教育に関する、学修・研究を推進します。
人格形成
  1. 知的、道徳的、応用能力を持ち、専門職として社会に貢献できる人材を育成します。
  2. 新たな文化を創造する能力を持ち、その文化を広く伝達する技術を有し、地域社会の発展に貢献する人材を育成します。
  3. 文化創造を支える基盤となる初等教育に携わり、教育的諸問題に実践的に対応できる専門知識と能力を持った人材を育成します。
学生支援

<通学>

  1. 入学時点で指導教員を決め、履修指導及び研究指導を行います。
  2. 本学では働きながら学ぶことを支援しています。その為に、土曜日・日曜日に集中講義を開講するとともに、遠隔教育を実施しています。
  3. 授業は主に岐阜駅から近く交通の便がよい文化情報研究センターで行います。
  4. 沖縄にサテライトキャンパスを置き、教育・研究指導を行います。

<通信教育課程>

  1. メンター制度を設け、通信教育に付随する諸問題に対して個別に細やかな指導を行います。
  2. おおむね月1回の割合で、対面或いはテレビ会議システムを用いた学習相談会を実施し、学修・研究指導を行います。
  3. 必要に応じて教職員が地域にでかけ、現地で学修・研究指導を行います。
ディプロマ・ポリシー

次の能力を有することを重視し、所定の単位を修めた院生に修了を認定し学位を授与します。

  1. 伝統や文化について幅広い知識を持ち、文化の情報化に関する技術を身につけ、文化を継承或いは創造し、それらを地域に還元できる高度な専門性を有している。
  2. 知的好奇心にあふれ自主的な研究活動を行うための、知的、道徳的、応用能力を身につけている。
  3. 専門的な知識に基づく教材の研究及び開発、ICTの授業への活用、児童や生徒理解に基づく教育実践を展開し、その実践を分析・評価し改善に生かす能力を身につけている。
  4. 岐阜女子大学の建学の精神、教育方針を理解し、学修の成果を活かし社会に貢献できる能力を身につけている。