三つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

岐阜女子大学は、建学の精神「人らしく、女らしく、あなたらしく、あなたならでは」の下、広く豊かな教養と高い専門的知識・技術を育み、地域社会で主体的に活動できる人材を育成する。そのため、大学が定める学力及び能力・人間力を身につけ、卒業要件を満たして所定の期間在籍した者に、卒業を認定し、学位を授与する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

岐阜女子大学は、豊かな教養と高い専門的知識・技術を育み、地域社会で主体的に活動できる人間力の育成を目指して、多様な授業形態を組合せた教育課程を体系的に編成し、それを実践・評価する。
 1 教育課程の編成
  (1) 教養教育では、大学での学びと将来に向けての学びに主体的に取り組む自律性を育むため、学修の基
    礎となる全学共通教育科目を配置する。
  (2) 専門教育では、高い専門性を身に付けるため、主要科目と関連する履修科目の到達目標を明確にして
    体系的に配置する。
  (3) 学識の実践力を高めるため、実習・演習科目を効果的に配置する。
 2 教育内容・方法
  (1) 教育目標・教育課程に応じた効果的な教育を推進する。
  (2) 基礎・専門教育課程では、カリキュラムマップを編成し、学生の主体的な受講と学修を推進する。
  (3) 学修の効果を高めるため、主体的、協働的、課題解決型の実践的学修を取入れる。
  (4) 本学教育の総仕上げとして、卒業研究を必修とする。
 3 学修成果の評価
  (1) 2年終了時には、進学課程に必要な単位の修得と卒業研究等の履修に必要な基礎学力の修得を評価す
    る。
  (2) 学修状況を調査し、学修の状態と学修の方法を把握して指導と評価に活用する。
  (3) 卒業研究と関連学修について総合的な学びを評価し、卒業の適否を判断する。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

岐阜女子大学は、建学の精神と教育の目標を理解し、①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体性のある多様な人間力の研鑽に意欲的な人を選抜する。
また、高い専門性を身に付け、地域社会での活動を目指す人の入学を期待する。